八高線全通80周年で記念イベント…キハ38カラーの気動車など運転

鉄道 企業動向

JR東日本八王子支社と高崎支社は、八高線の全通80周年を記念した各種のイベントを行う。画像は記念列車に掲出されるヘッドマーク(イメージ)
  • JR東日本八王子支社と高崎支社は、八高線の全通80周年を記念した各種のイベントを行う。画像は記念列車に掲出されるヘッドマーク(イメージ)
  • JR東日本八王子支社と高崎支社は、八高線の全通80周年を記念した各種のイベントを行う。同線の非電化区間を走るキハ110系1編成には、かつて活躍したキハ38形のカラーリングを施す(画像はイメージ)
  • 八高線の非電化区間で現在運用されているキハ110系気動車。
JR東日本八王子支社と高崎支社はこの秋、八高線の全線開通80周年を記念したイベントを行う。両支社が8月22日発表した。『八高線全通80周年記念号』の運転や、かつて同線で運用されていた車両の塗装を現行車両に施すなど、さまざまな企画が予定されている。

八高線は八王子(東京都八王子市)~高麗川(埼玉県日高市)~倉賀野(群馬県高崎市)間92.0kmを結ぶJR東日本の鉄道路線。列車は倉賀野駅から高崎線に乗り入れ、高崎駅まで運転されている。1931年から1934年にかけて八王子と倉賀野の両方から順次延伸され、1934年10月6日に全通した。全区間が長らく非電化単線だったが、1996年に八王子~高麗川間が電化されている。

『八高線全通80周年記念号』は、12系客車3両の両端にDD51形ディーゼル機関車を連結した編成で、10月18日に八王子9時27分発~高崎12時11分着の時刻で運転。全車普通車指定席で、記念グッズや弁当、お茶が付いた八王子・拝島両駅発の旅行商品も発売される。

また、かつて八高線で運用されていたキハ38形気動車の塗装(白地+赤帯)を、非電化区間で現在運用しているキハ110系気動車1編成2両に施し、10月上旬から高崎~高麗川間で運転する。11月下旬頃までは80周年を記念した「80th HACHIKO LINE」のロゴも掲出される。

電化区間でも『八高線全線開通80周年記念列車』として、川越車両センター所属の205系電車1編成に全通80周年のロゴマークをデザインしたヘッドマークを取り付け、10月1日から11月30日までの間、川越線を含む八王子~川越間で運転する。

このほか、80周年を記念したスタンプラリーや、記念オリジナルボールペンの販売、駅でのイラスト・歴史写真の展示などが行われる。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

    JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  4. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  5. 運輸審議会、宇都宮LRT計画で公聴会の開催を決定…7月26日

  6. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  7. 富士山駅「誕生」5周年イベント…富士急行、7月に開催

  8. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  9. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  10. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

アクセスランキングをもっと見る