八高線全通80周年で記念イベント…キハ38カラーの気動車など運転

鉄道 企業動向

JR東日本八王子支社と高崎支社はこの秋、八高線の全線開通80周年を記念したイベントを行う。両支社が8月22日発表した。『八高線全通80周年記念号』の運転や、かつて同線で運用されていた車両の塗装を現行車両に施すなど、さまざまな企画が予定されている。

八高線は八王子(東京都八王子市)~高麗川(埼玉県日高市)~倉賀野(群馬県高崎市)間92.0kmを結ぶJR東日本の鉄道路線。列車は倉賀野駅から高崎線に乗り入れ、高崎駅まで運転されている。1931年から1934年にかけて八王子と倉賀野の両方から順次延伸され、1934年10月6日に全通した。全区間が長らく非電化単線だったが、1996年に八王子~高麗川間が電化されている。

『八高線全通80周年記念号』は、12系客車3両の両端にDD51形ディーゼル機関車を連結した編成で、10月18日に八王子9時27分発~高崎12時11分着の時刻で運転。全車普通車指定席で、記念グッズや弁当、お茶が付いた八王子・拝島両駅発の旅行商品も発売される。

また、かつて八高線で運用されていたキハ38形気動車の塗装(白地+赤帯)を、非電化区間で現在運用しているキハ110系気動車1編成2両に施し、10月上旬から高崎~高麗川間で運転する。11月下旬頃までは80周年を記念した「80th HACHIKO LINE」のロゴも掲出される。

電化区間でも『八高線全線開通80周年記念列車』として、川越車両センター所属の205系電車1編成に全通80周年のロゴマークをデザインしたヘッドマークを取り付け、10月1日から11月30日までの間、川越線を含む八王子~川越間で運転する。

このほか、80周年を記念したスタンプラリーや、記念オリジナルボールペンの販売、駅でのイラスト・歴史写真の展示などが行われる。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品