米EVのテスラ、急速充電の「スーパーチャージャー」…欧州50拠点目を開設

エコカー EV

テスラのスーパーチャージャー
  • テスラのスーパーチャージャー
  • テスラ・モデルS
米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズは8月12日、欧州における急速充電ステーション、「スーパーチャージャー」の拠点数が50か所に到達した、と発表した。

スーパーチャージャーは2012年9月、テスラモーターズが米国カリフォルニア州に導入した急速充電ネットワークの名称。テスラの新型EV、『モデルS』の顧客が、外出先で充電するための充電ステーションとして開発された。航続距離に課題があるEVに、画期的な解決策を提示したのが、スーパーチャージャー。

スーパーチャージャーでは、モデルSの充電は、およそ20分で完了する。充電にかかる料金が無料という点も、スーパーチャージャーのメリット。

テスラモーターズは2013年8月、モデルSのノルウェーでの発売に伴い、スーパーチャージャーをノルウェーに設置。これが、欧州での最初のスーパーチャージャーだった。

以来、同社は、欧州全域にスーパーチャージャーを拡大展開。8月12日、フランス・ナルボンヌに開設されたスーパーチャージャーが、欧州で50番目の拠点となった。同社は、「今後も、欧州でスーパーチャージャーを拡大していく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 【e燃費アワード2015-2016】実燃費日本一はスズキ アルト…24.3km/リットルで総合3連覇

    【e燃費アワード2015-2016】実燃費日本一はスズキ アルト…24.3km/リットルで総合3連覇

  2. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  3. リチウムイオン二次電池 電極集電体、特許総合力トップは三洋電機

    リチウムイオン二次電池 電極集電体、特許総合力トップは三洋電機

  4. 三菱リコール問題を一気読み

  5. インホイールモータ版 i-MiEV … 今後の課題は「重い後ろ足の挙動と航続距離」か

  6. 実燃費ランキング、トップは23.3km/Lの グレイス…e燃費調べ

  7. 『頭文字D』主要登場車中で実燃費ナンバーワンは?…e燃費が発表

  8. 【トヨタ プリウスPHV】ハイブリッド車としてPHVを使うと…青山尚暉

  9. 【トヨタ プリウスPHV】本当にお得なのか?…津々見友彦

  10. フィスカー アトランティック、NYで発表!…航続400km

アクセスランキングをもっと見る