【新聞ウォッチ】ランボルギーニ首都高で炎上、丸焼けでも男女にケガなし

自動車 ニューモデル 新型車

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2014年8月18日付

●次世代旅客機国が主導、2030年頃、部品7割国産目指す(読売・1面)

●リニア来月にも着工、JR東海(読売・1面)

●社説・燃料電池車、エコカーの選択肢が広がる(読売・3面)

●シリアで日本人拘束か、安否不明(産経・1面)

●ランボルギーニ首都高で炎上(東京・23面)

●伊藤忠・富士フィルム検討、労働時間規制の緩和制度導入(日経・1面)


ひとくちコメント

きょう8月18日まで11日間連続の夏季休暇の日産自動車を除くと、長かったお盆休みも終わり、休み疲れを癒しながら職場に向かう人も多いことだろう。

ふるさとや行楽地で過ごした人たちのUターンラッシュも、関越自動車道などで一時40キロ近い渋滞があったというが、道路交通情報を聞いていた限りでは「想定内」の混雑ぶりだったようだ。

このため、きょうの各紙の社会面などには「Uターンラッシュ」関連の記事は見当たらない。つまり、ニュースにはならない混雑だったのだろう。

そんな中、17日午後5時前、首都高速都心環状線外回りで、路肩に停止していたイタリア製の高級スポーツカーのランボルギーニが炎上し、黒く丸焼けになった事故が発生したという。

きょうの東京が社会面で報じている。テレビのニュースでも炎上中の映像が流れていた。約1時間半後に消防が消し止め、この車には男女2人が乗っていが、ケガはなかったそうだ。ただ、首都高の現場周辺は一時通行がストップしたという。

警視庁高速隊などによると「走行中に車両から煙が出ているのに、運転していた40代の男性が気付き、車を路肩に停止した後、間もなく出火した」(東京)と伝えている。

テレビの映像からすると車種は、『ムルシエラゴ』のようで、価格が3000万円以上もするそうだ。炎上前に脱出したのは不幸中の幸いだったが、ランボルギーニの所有者には「お気の毒」としか言いようがない。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 日産の欧州向け新型商用車、NV300 …表情見えた

    日産の欧州向け新型商用車、NV300 …表情見えた

  2. メルセデス Sクラス、改良新型のインパネはこれだ!

    メルセデス Sクラス、改良新型のインパネはこれだ!

  3. 「シルビア」後継モデル発売なるか!? ベンツ製エンジン搭載の噂

    「シルビア」後継モデル発売なるか!? ベンツ製エンジン搭載の噂

  4. スズキ セレリオ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  5. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター、ハードトップの「RF」欧州初公開へ

  6. ホンダ NSX 新型、米工場で量産開始…第一号車を引き渡し

  7. アウディ A7 スポーツバック、欧州で2017年型…装備が充実

  8. BMW 2シリーズ 高性能モデル、340馬力の「M240i」に進化

  9. なぜカストロールエッジはアウディ R8 新型に純正採用されたのか?

  10. マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

アクセスランキングをもっと見る