【さらば レガシィ ツーリングワゴン】欧州市場へ本腰、安全性向上で3ナンバーへ…4代目[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

レガシィ ツーリングワゴン 4代目
  • レガシィ ツーリングワゴン 4代目
  • レガシィ ツーリングワゴン 4代目
  • レガシィ ツーリングワゴン 4代目
  • レガシィ ツーリングワゴン 4代目
  • レガシィ ツーリングワゴン 4代目
  • レガシィ ツーリングワゴン 4代目
  • レガシィ ツーリングワゴン 4代目
  • レガシィ ツーリングワゴン 4代目
スバル『レヴォーグ』は、『レガシィ ツーリングワゴン』の後継モデルとして登場したツーリングワゴン。初代の登場から25年、日本では5代目で販売を終了するレガシィ ツーリングワゴンの歴史を写真で振り返る。

欧州市場への対応、安全性能向上のために、3代目まで守り続けていた5ナンバーサイズから3ナンバーサイズへと拡大した4代目。ボディサイズの拡大は様々な恩恵をもたらし、車体設計の自由度が高まったことで軽量化を実現。安全性だけでなく質感や高級感にも磨きをかけた。

従来モデルでは2ステージ・ツインターボが搭載されてきたが、4代目ではシングルタービンへと変更。従来モデルよりも大径かつ軽量なチタンタービンが装着され、レスポンスの向上とパワーを両立。シングルタービン特有の段付きのない連続的なトルク特性を実現した。

3代目から搭載された「EyeSight(アイサイト)」の前身「ADA(アクティブ・ドライビング・アシスト)」も進化した。「ツーリングワゴン3.0R」に搭載された第3世代ADAは、従来のステレオカメラに加えて、ミリ波レーダーをフロントバンパー内に搭載し、障害物の検知性能を強化。ブレーキによる車間距離制御も加わり、機能は大幅に強化されている。

また第3世代では、従来の機能に加えて、先行車との車間距離を表示し、アラーム音で知らせる「追従モニター」、信号待ちの際に前車が発進したことを教える「前車発進モニター」、路面状況に応じて変化するタイヤのグリップ力を表示する「グリップモニター」、いねむり等による車両のふらつきを検知し、ドライバーに注意を促す「ふらつき警報」が追加された。その後ADAは、アイサイトへと進化を果たす。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

    日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  2. マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

    マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

  3. 【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

    【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

  4. 【モスクワモーターショー16】開幕…まったく予想外の事態にしばし呆然

  5. 【ホンダ NSX 新型】車体骨格に世界初の「アブレーション鋳造」部材

  6. レクサス CT、クールスタイルの特別仕様…HS、RC、RC F、NX、LSは一部改良

  7. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  8. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「操る喜びを実現した新時代のスーパースポーツ」

  9. 【ホンダ NSX 新型】走行モードは4種類…サーキットモードも

  10. 【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら