EVレースのフォーミュラE、マレーシアでの第2戦を延期…ナジブ首相が要請

エコカー EV

2014年9月に開幕するFIA(国際自動車連盟)主催の電動フォーミュラカーレース、「フォーミュラ E」。同レースの第2戦、マレーシア・ラウンドが、延期されることになった。

フォーミュラ Eの正式名称は、FIAフォーミュラEチャンピオンシップ。全10戦が計画されており、世界の大都市中心部の公道上の特設コースで、レースを行う。開幕戦は中国の北京で、その後、プトラジャヤ(マレーシア)、香港、プンタ・デル・エステ(ウルグアイ)、ブエノスアイレス(アルゼンチン)、ロサンゼルス、マイアミ、モンテカルロ、ベルリン、ロンドンを転戦する。

7月30日、フォーミュラ Eは声明を発表。「マレーシア・プトラジャヤでの第2戦は、10月18日から11月22日に延期する」と発表している。

延期の理由は、マレーシアのナジブ・ラザク首相からの要請。ナジブ首相が10月18日のレース当日に出席できなくなったため、日程の変更をフォーミュラ Eに代診した。

フォーミュラEのCEO、Alejandro Agag氏は、「ナジブ首相はマレーシアでのフォーミュラE開催に向けて、重要な役割を果たしてきた。フォーミュラEは、首相からの日程変更の要請に応じることを決めた」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. BMWグループの電動車両販売、i3 は5割増…4月

    BMWグループの電動車両販売、i3 は5割増…4月

  2. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  3. 【畑村エンジン博士のe燃費データ解析】その5…日本のガラパゴス化の要因は10・15モードにあった

    【畑村エンジン博士のe燃費データ解析】その5…日本のガラパゴス化の要因は10・15モードにあった

  4. 米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ

  5. 【e燃費アワード2015-2016】実燃費日本一はスズキ アルト…24.3km/リットルで総合3連覇

  6. ジャパンEVラリー、7月16日~18日に開催…乗鞍スカイラインで雲上のEVドライブ

  7. 燃費男、マツダ アテンザ SKYACTV-Dで無給油1600km超を走破

  8. 日産の欧州EV販売、45%増の7500台…2015年度

  9. 産総研など、リチウムイオン電池内部の反応不均一性の可視化に成功…EV用電池の設計に適用

  10. 乗用車燃費ベスト10、トップは登録車 プリウス、軽自動車は アルト

アクセスランキングをもっと見る