人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

オペルのPHV、アンペラ…モデル廃止で後継車登場へ

エコカー ハイブリッド

GMの欧州部門、オペルのプラグインハイブリッド車、『アンペラ』。同車がモデル廃止となり、後継車が登場することが分かった。

アンペラは2009年3月、ジュネーブモーターショー09で初公開。GMのシボレー『ボルト』とメカニズムを共用するプラグインハイブリッド車。アンペラはボルトの車体をベースに、斬新なフロントマスクを採用。ヘッドランプとフォグランプがブーメラン状の一体デザインとなっているのが特徴。

モーターは最大出力150ps、最大トルク37.7kgmを発生。二次電池は蓄電容量16kWhのリチウムイオンバッテリーで、モーター単独の走行距離は最大64km。バッテリー残量が少なくなると、充電専用の1.4リットル直列4気筒エンジンが始動。ジェネレーターを回し、モーターへ電力を供給するとともに、バッテリーの充電を行う。これにより、最大航続距離は500km以上まで伸びる。

7月23日、オペルのカール-トーマス・ノイマンCEOは、アンペラに関する発表を自身の公式Twitterで行った。その内容は、「現行のアンペラが間もなく、モデル廃止になる」ということ。

さらに同CEOは、「EVセグメントに、後継車となる商品を投入していく」とつぶやいている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  2. 三菱リコール問題を一気読み

    三菱リコール問題を一気読み

  3. 三菱自、南オーストラリアのEV普及に協力

    三菱自、南オーストラリアのEV普及に協力

  4. どうなるEVの充電方式…EUにおける「コンボ」対「チャデモ」の戦い

  5. パパママに受ける ノア/ヴォクシー HV、スポーティな外観の内側にある2つのチューニング

  6. 【実燃費対決】歴代 ランエボ、脅威のカタログ値超えも!

  7. ダイムラー と中国 BYD のEV、デンツァに新型…400km走行可能

  8. 【トヨタ アクア 発表】どの販売店で買うのがおトク!?

  9. テスラの新型EV、モデル3 …設計が完了

  10. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

アクセスランキングをもっと見る