JR東日本、南武線E233系は10月デビュー…オリジナルデザインも

鉄道 企業動向

南武線に投入されるE233系のイメージ。10月から導入が始まる。
  • 南武線に投入されるE233系のイメージ。10月から導入が始まる。
  • 南武線向けE233系は沿線をイメージしたオリジナルデザインが施される。画像はロゴマークのイメージ。
  • 南武線向けE233系は沿線をイメージしたオリジナルデザインが施される。画像は側面帯部に描かれるデザインのイメージ。
JR東日本横浜支社と八王子支社は7月24日、南武線に新型のE233系電車を10月から投入すると発表した。車体には南武線沿線をイメージしたオリジナルのデザインを施す。

オリジナルデザインは、編成両端の先頭車(1・6号車)に施す。ロゴは「明るく弾む伸びゆく沿線」をイメージ。側面窓下に入る帯も、南武線のラインカラーである黄色・オレンジ・茶色をベースに、沿線の街並みをイメージしたデザインが入る。

E233系は2006年度から中央線快速電車を皮切りに、京浜東北線や埼京線、横浜線など首都圏の各線で導入が進められている新型電車。今年2月から横浜線に投入された車両には、横浜線オリジナルのロゴなどがデザインされている。JR東日本が2013年7月に発表したところによると、南武線向けE233系は210両(6両編成35本)が製造される予定だ。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  2. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

    エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

  3. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

    JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  4. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  5. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  6. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

  7. 運輸審議会、宇都宮LRT計画で公聴会の開催を決定…7月26日

  8. 札幌市営地下鉄東豊線の7000形がラストラン…6月25日

  9. 西武鉄道と秩父鉄道、西武秩父発のSL列車再び運転…7・8月の2日間

  10. 東急電鉄など、初の座席指定列車を西武車で運転…来春から

アクセスランキングをもっと見る