2018年開港予定のイギリス宇宙港、スコットランド始め8候補地を発表

宇宙 企業動向

イギリス宇宙港の予想図
  • イギリス宇宙港の予想図
  • 飛行中のスカイロン宇宙船イメージ
2014年7月15日、ファンボロー国際航空ショーにてイギリス宇宙庁のデイビッド・パーカー長官、ロバート・グッドウィル航空大臣は、2018年に商業運航を目指すイギリス初の宇宙港の候補地を発表した。

イギリスは宇宙産業の成長に大きな期待を寄せており、民間宇宙産業の将来性に関する報告書で、2018年に再使用型の有人宇宙船が運航する宇宙港を開設する計画を表明している。実現すれば、毎年113億ポンドの経済効果があり、3万5000の雇用を創出するという。経済効果は、2030年までに最大200億ポンドに達するとの見込みだ。イギリスで現在のところ、100億ポンド前後の規模を持つ産業は出版産業や競馬掛け金の総額が挙げられる。

開港した宇宙港には、米国で商業宇宙旅行の運航開始の準備をしているヴァージン・ギャラクティック社の「スペースシップ 2」や、英リアクション・エンジン社が開発する2020年に国際宇宙ステーションへの商業運航を目指すスペースプレーン(自力で離着陸し軌道に到達できる宇宙船)「SKYLON(スカイロン)」などが参入、運行を目指す。

宇宙港の候補地には、スコットランドのキャンプベルタウン空港、グラスゴー・プレストウィック空港、キンロス飛行場(旧キンロス空軍基地)、ルーカーズ空軍基地、ロジーマス空軍基地、ストーノウェイ空港、ウェールズのスランドベル空港、イングランドのニュークアイ・コーンウォール空港が挙げられている。8か所中6カ所がスコットランドとなっており、2020年代のスコットランドは宇宙への窓口として発展する可能性がある。
《秋山 文野》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

    JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

  2. 国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

    国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

  3. JAXA、「はやぶさ2」のミッションロゴを青系統に変更…スイングバイ成功を機に

    JAXA、「はやぶさ2」のミッションロゴを青系統に変更…スイングバイ成功を機に

  4. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  5. Google傘下の地球観測衛星ベンチャー、2号機衛星の初画像を公開

  6. 東芝、インド気象庁から気象レーダーを受注…海外からは初

  7. ISSの油井宇宙飛行士ら、宇宙で栽培されたレタスを試食

  8. 国立天文台、4次元デジタル宇宙ビューワーを多言語化…「はやぶさ2」の立体モデルも追加

  9. ウェザーニューズ、オーロラ観測カメラをアラスカに設置…ライブ動画も配信

  10. すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の姿を捉える

アクセスランキングをもっと見る