プジョー 世界販売、5.7%増の85万台…4年ぶりに増加 2014年上半期

自動車 ビジネス 海外マーケット

プジョーの新型コンパクトセダン、301
  • プジョーの新型コンパクトセダン、301
  • プジョー208(欧州仕様)
  • プジョー 2008
  • プジョー 3008
  • プジョー508ハイブリッド4
  • 中国向けのプジョー408
フランスの自動車大手、プジョーは7月17日、2014年上半期(1-6月)の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数(ノックダウン生産分を含む)は、85万3000台。前年同期比は5.7%増と、4年ぶりに前年実績を上回った。

2014年上半期の市場別実績は、欧州が乗用車とLCV(軽商用車)合計で、50万8300台を販売。前年同期比は7.6%増と回復させた。市場シェアは、6.6%。

地元フランスでは、『308』シリーズをはじめ、『3008』や『508』などが支持を集めた。2014年6月に発売されたばかりの入門コンパクトカー、『108』は、1500台以上の受注を獲得。

欧州以外の市場では、中国が18万5000台を販売。前年同期比は32.4%増と伸びた。このうち、『308』、『408』、『508』、『301』が、合計で12万3600台を販売。とくに2013年に発売された新興国向けのセダン、301が3万6700台を販売した。

プジョーの世界販売に占める欧州以外の販売比率は、2012年の39%から、2013年は43%へ拡大。プジョーは2015年までに、欧州以外の販売比率を50%にまで引き上げる目標を掲げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  2. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  3. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

    【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  4. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

  5. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  6. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  7. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  8. オートバックス、車買取専門店4号店を小金井にオープン

  9. アルパインと日本IBM、自動運転時代を見据えた次世代車載システムを共同開発へ

  10. ダイハツ タント、バックドアのステー破損で負傷事故発生

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら