スペース X、テキサス州に宇宙港建設へ…連邦航空局が承認 | レスポンス(Response.jp)

スペース X、テキサス州に宇宙港建設へ…連邦航空局が承認

宇宙 企業動向

2014年7月9日、アメリカ連邦航空局(FAA)は、スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペース X)社によるテキサス州ブラウンズビル近郊の宇宙港建設計画を承認した。

FAAの商業宇宙輸送局は、スペース Xの宇宙港建設構想に対し、評価と承認プロセスを記録した文書を公表、宇宙港建設がメキシコとの国境に近い候補地付近の環境に与える影響や打ち上げ計画などの詳細を明らかにした。

宇宙港は、テキサス州キャメロン群のメキシコ湾沿いに建設され、広さ約23万平方メートルとなる。スペース Xは、ここで同社の主力ロケットである「ファルコン 9」、今後投入される「ファルコン ヘビー」および各種の再使用型サブオービタル宇宙船などを2025年まで、年間最大12機まで打ち上げる許可を得た。打ち上げは主に現地時間の午前7時ごろ行われる予定で、ロケットは東側のメキシコ湾に向かって飛行する。ハザードエリアはメキシコ湾上となり、通常の飛行経路の場合は人が住む地域の上を通過しないという。

現在、スペース Xは主にフロリダ州ケープカナベラル空軍基地からファルコンロケットの打ち上げを行っており、今後カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地からファルコンヘビーの打ち上げが可能になる予定だ。しかしNASAとの契約による国際宇宙ステーションへのドラゴン補給船打ち上げを始め、40~60機以上抱えている打ち上げ受注の消化が遅れていることが指摘されている。新宇宙港の稼働開始時期は明言されていないが、建設予定期間は24カ月の予定しており、早くとも2016年以降になる。
《秋山 文野》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品