東北大学、新リチウムイオン電池関連技術の開発に成功…EV航続距離延長の可能性

エコカー EV

東北大学金属材料研究所の和田武助教、加藤秀実准教授らは、「リチウムイオン蓄電池負極用大比表面積オープンセル型ポーラスシリコン粉末」の開発に成功したと発表した。

和田助教、加藤准教授と国立大学法人京都大学大学院工学研究科の市坪哲准教授らは、マグネシウムとシリコンで構成する合金が、ビスマス金属溶湯中で、マグネシウム原子を溶出しやすい一方、シリコン原子を溶出しにくい性質を利用した金属溶湯中での脱成分反応を用いて、シリコンのオープンセル型ポーラス粉末を開発することに成功した。

これを活物質に用いたリチウムイオン蓄電池は、現行のリチウムイオン蓄電池よりも大きな比容量を持ち、サイクル寿命にも優れることを明らかにした。

今回の発明は、携帯電話・スマートフォンやノート型PCなどのモバイル機器の使用時間や、電気自動車の航続距離の延長につながる可能性がある。

今回の成果の詳細は、Nano Letters(ACS publication)に7月2日付けでオンライン掲載され、日本金属学会2014秋期大会(9月24~26日名古屋大学・東山キャンパス)で口頭発表される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

    中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

  2. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】走行距離延長・省電力に貢献、EVの熱循環をマネジメント…ボッシュ

    【人とくるまのテクノロジー16】走行距離延長・省電力に貢献、EVの熱循環をマネジメント…ボッシュ

  4. 【インタビュー】i-MMDと大容量バッテリーが生む走りの新次元…ホンダ アコードプラグインハイブリッド 開発者

  5. ボルボ V60 ディーゼルで東京-鹿児島を無給油チャレンジ…1326kmを走破できるか

  6. 【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

  7. 三菱リコール問題を一気読み

  8. 三菱燃費不正問題を実燃費データから検証する

  9. 実燃費ランキング、トップは23.3km/Lの グレイス…e燃費調べ

  10. 【e燃費アワード2015-2016】実燃費日本一はスズキ アルト…24.3km/リットルで総合3連覇

アクセスランキングをもっと見る