SF映画に出てきそう?ロシアの新型路面電車公開

鉄道 テクノロジー

これが路面電車?  ロシア・エカテリンブルクで7月9日に始まった産業見本市で、斬新なデザインの路面電車「Russia One(R1)」が公開された。黒いガラス張りの中にライトが浮かび上がる外観から「線路を走るiPhone」などと呼ばれ、現地で注目を集めているようだ。

「Russia One」は、戦車や重機などを製造するロシアの大手メーカー「Uralvagonzabod」の傘下で路面電車を製造する「Uraltransmash」が開発した。同社資料によると、展示車両は全長24m・3車体連接の完全低床車で、2本のレール間の幅(軌間)はロシア標準の1524mm。75km/hでの走行が可能で、車載バッテリーにより架線なしでも50km超の走行が可能という。

ボディはモジュール式で、資料によると1両から7車体連接車まで製造が可能。展示車両は運転士の視界を広げ、事故防止に役立つという前傾した先頭部が特徴だが、先頭形状は別のデザインにすることもできる。

車内にはGPSやGLONASS(ロシアの衛星測位システム)による車内案内システムのほか、Wi-Fiサービス、安全監視カメラなどを備え、手すりは抗菌仕様。車内には抗菌性のランプが組み込まれており、夜間に車内の消毒も行われるという。

2017年からまずエカテリンブルクとオムスク向けとして製造が開始される見込み。展示車両はコンセプトモデルだが、鉄道業界情報誌「レールウェイ・ガゼット・インターナショナル」オンライン版によると、設計者は実際の製造にあたって多くの変更は必要ないと話しているという。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品