お盆の高速渋滞予想、ピークは下りが13日、上りが16日 | レスポンス(Response.jp)

お盆の高速渋滞予想、ピークは下りが13日、上りが16日

自動車 ビジネス 企業動向

渋滞イメージ
  • 渋滞イメージ
  • 10km以上の渋滞予測回数(下り)
  • 10km以上の渋滞予測回数(上り)
NEXCO 3社とJB本四高速、日本道路交通情報センターは、お盆期間(8月7日~17日)の高速道路での交通集中による渋滞予測をとりまとめまた。

今年のお盆の渋滞は、上下線ともに、8月13日から16日に渋滞が多く発生。10km以上の渋滞予測回数のうち、下り線に比べ、上り線の渋滞が多く発生し、ピークは下り線が8月13日、上り線が8月16日と予測している。

特に長い渋滞発生予測は以下のとおり。

・関越自動車道(下り)8月13日(水)8時頃 東松山IC付近(35km)
・関越自動車道(上り)8月16日(土)17時頃 高坂SA付近(35km)
・東名高速道路(下り)8月13日(水)8時頃 伊勢原BS付近(35km)
・東名高速道路(上り)8月16日(土)16時頃 大和TN付近(50km)
・中国自動車道(下り)8月13日(水)8時頃 宝塚東TN付近(35km)
・神戸淡路鳴門自動車道(上り)8月16日(土)18時頃 舞子TN出口付近(47km)

高速道路会社では、上り坂などでの速度低下注意喚起、渋滞末尾への追突注意喚起、SAやPAなででの駐車場整備員の配置、臨時トイレの措置、大型車駐車ますの確保など、混雑対策を実施する予定だ。

また出発前に道路交通情報を確認したり、渋滞ピーク時の前後に通過時間をずらすなどの対策をするよう、呼びかけている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品