【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】Sクラス との共通点と、異なる点…写真比較

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ Cクラス 新型
  • メルセデスベンツ Cクラス 新型
  • メルセデスベンツSクラス
  • メルセデスベンツ Cクラス 新型
  • メルセデスベンツ「S600」
  • メルセデスベンツ Cクラス 新型
  • メルセデスベンツ「S600」
  • メルセデスベンツ Cクラス 新型
  • メルセデスベンツ「S600」
メルセデス・ベンツは7年ぶりにフルモデルチェンジを行った新型『Cクラス』を発表。7月11日から販売を開始する。

新型Cクラスの商品コンセプトは「アジリティ&インテリジェンス」。日本語に直せば「俊敏性と知性」という訳になるが、新型Cクラスでは、ミリ波レーダーとステレオカメラによりブレーキやハンドル操作を自動で行う部分自動運転を実現しているのが特徴。まさに“知性”を備えたクルマという表現が当てはまる。

搭載される安全装備は同社のフラッグシップサルーン『Sクラス』とほぼ同等のものが与えられ、使われる技術は全く同じ技術が採用されているという。Sクラスよりコンパクトで価格も安いCクラスに同等の装備が与える意図とはどこにあるのだろうか。メルセデスベンツ日本 商品企画・マーケティング部の亀岡徹氏は次のように説明する。

「Cクラスは、メルセデスベンツの持つ哲学や思想、テクノロジーをより多くのお客様に広げる”アンバサダー”的な存在であり、安全性というのはメルセデスベンツの基本的な価値です。現状で搭載できる最先端のテクノロジーはできるだけ多くのお客様に提供していくものだと考えています。それが事故を減らすことに繋がり、自動車を発明したメーカーの責任なのです」(亀岡氏)

ではCクラスとSクラスの違いはどこにあるのか、メルセデスの表現するアジリティとはどういったものなのだろうか。亀岡氏は「Cクラスは、Sクラスの車格ではどうしても表現できない”アジリティ”を持っているというのが最大の特徴です。性能の上下ではなく、味付けやキャラクターで差を出しているのです。そのアジリティも、スポーティさという一面だけではなく、メルセデスの価値である快適性を全く損なわずに俊敏なハンドリングやスポーティさをお客様に感じていただくというのが、我々のアジリティの考えなのです」と述べた。
《橋本 隆志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

    歴代最強のVW ポロ GTI、次世代型の走りを見た[動画]

  2. ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

    ブガッティ最強1500馬力、2億超えの シロン …受注200台突破

  3. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

    VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  4. 【SUPER GT 第6戦】ホンダ NSX に熱い眼差し

  5. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  6. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  7. 【インタビュー】"効率"はエコだけじゃない!EVパワーモードでコスパを実感してほしい…トヨタ プリウスPHV 豊島チーフエンジニア

  8. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  9. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  10. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら