新宿・渋谷両駅で乗降可能の京王定期、愛称は「どっちーも」に

鉄道 企業動向

京王電鉄は7月7日、同社が9月から発売する新宿駅・渋谷駅どちらも利用できる定期券の愛称を「どっちーも」に決定したと発表した。五つの候補から愛称を選ぶ投票をウェブサイト上で実施した結果、最も票数が多かったという。

同社は5月16日から6月8日にかけて、「どっちーも」「プラスoneパス」「デュアルパス」「よりみち定期券」「2WAYパス」の五つの候補から愛称を投票で選ぶ「みんなで選ぼう!愛称決定戦」をウェブサイト上で実施。投票総数は2637票で、最多の票数を集めた「どっちーも」に決定した。「どっちーも」は「新宿駅と渋谷駅のどちらも使える便利さを、楽しく、親しみやすい単語で表現したもの」という。

「どっちーも」は、通常の定期運賃に一定額を加算した金額で、京王線新宿駅と井の頭線渋谷駅のどちらでも乗り降りできる定期券。行きは京王線で新宿駅まで、帰りは井の頭線渋谷駅から乗車するといった利用が可能になる。対象となるのは、京王線・井の頭線の明大前以西各駅から新宿駅、または渋谷駅までの定期券で、新宿駅までの定期券で渋谷駅、渋谷駅までの定期券で新宿駅での乗り降りがそれぞれ可能になる。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品