MRJ、環境性能で競合機にリードか「騒音面積40%縮減、CO2排出量で20%の差」

航空 テクノロジー

三菱航空機執行役員技術本部長兼チーフエンジニア 岸信夫氏
  • 三菱航空機執行役員技術本部長兼チーフエンジニア 岸信夫氏
  • MRJ、環境性能で競合機にリードか「騒音面積40%縮減、CO2排出量で20%の差」
  • MRJ、環境性能で競合機にリードか「騒音面積40%縮減、CO2排出量で20%の差」
6月25日から27日、東京ビックサイトにて業界関係者を対象として開催された第25回設計・製造ソリューション展が開催された。同展内特別講演にて三菱航空機執行役員技術本部長兼チーフエンジニア 岸信夫氏が講演し、現在開発中のMRJにおける環境性能における成果に言及した。

環境性能は岸氏が「21世紀前半に通じる新世代のリージョナルジェット機のキーワード」(ほか経済性・快適性)に挙げている通り、重要な観点で、おもに少ない排出物と騒音を意味するという。

騒音に関しては、現在開発中のMRJ90は離陸時の騒音面積を同クラス機比で40%縮減させることに成功したことを発表した(オランダ、アムステルダム国際空港における三菱航空機による推算より)。

また、地球温暖化抑制と関わるCO2、NOxの削減に関して、CO2(二酸化炭素)の排出量は競合機よりも20%以上低く、NOx(窒素化合物)ではICAO(International Civil Aviation Organization国際民間航空機関)によるCAEP/6要求値の半分を達成、競合機比では20%以上低い数値を達成したことを発表した。
《北原 梨津子》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. ドローン活用の映像とクリエイターを支援するセミナーを開催…6月5日に表参道ヒルズ

    ドローン活用の映像とクリエイターを支援するセミナーを開催…6月5日に表参道ヒルズ

  2. ANA、ベトナム航空と資本・業務提携で最終合意…コードシェア便を設定

    ANA、ベトナム航空と資本・業務提携で最終合意…コードシェア便を設定

  3. アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

    アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

  4. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  5. MRJ、エンジン空中停止や片エンジンなどの飛行試験を実施…三菱航空機

  6. MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

  7. JAL、関西=ホノルル線にプレミアムエコノミークラスを導入

  8. スカイロボット、人工知能を搭載したドローンで遭難者を探索する実証実験を実施

  9. ボーイング、777X型機複合材主翼の製造施設を開設

  10. ANA、羽田=NY/シカゴ線や成田=メキシコ直行便を就航…北米・中南米ネットワークを拡充

アクセスランキングをもっと見る