世界遺産を結ぶ、圏央道“都心回避相模原ルート”…東京縦断ドライブに新たな選択肢 | レスポンス(Response.jp)

世界遺産を結ぶ、圏央道“都心回避相模原ルート”…東京縦断ドライブに新たな選択肢

自動車 ビジネス 国内マーケット

圏央道の西側がつながり、東名・中央・関越を“串刺し”にするルートができあがった。観光・レジャー視点でこの東京縦断ラインを俯瞰すると、神奈川・東京・埼玉・群馬を結ぶルートから新たな広がりが見えてくる。

相模原愛川ICと高尾山ICの間(14.8km)がつながることで、放射状に延びる東名・中央・関越の高速道が東京西部でつながった。

開通日の6月28日、国や自治体、道路関係者などは「富士山と富岡製糸場という、2つの世界遺産を、都心を経由せずにダイレクトに結ぶルートができあがる。南北の移動の活性化につながるはずだ」と期待を寄せる。

また、NEXCO中日本は、伊香保温泉や秩父、富士山、箱根湯本、鎌倉といった観光地への移動が、「同区間の開通によって大幅に所要時間短縮する」とその効果を訴えている。

「都心を避け、圏央道を利用して北関東と神奈川・静岡エリアを結ぶルートで自由気ままな旅を楽しみたいとなると、クルマ移動を選ぶ人も増えるかもしれない」と相武国道事務所の関係者。

一方、JRは「湘南新宿ライン」が小田原・平塚・茅ヶ崎と宇都宮・高崎の間などを結んでいるが、グループ旅行や自由度を求めるユーザーが、マイカーやレンタカーを使って“都心回避相模原ドライブ”を楽しむというシーンも浮かぶ。ちなみに同列車を利用すると小田原~高崎間は大人片道3020円、所要時間約3時間だ。

圏央道で南北を縦断し、世界遺産をめぐるというドライブの楽しみはさらに広がる。富士山、富岡製糸場の先、日光も高速道路でつながる。東名・圏央・関越・上信越・北関東・東北・日光といった高速道を経由してだ。

さらに、圏央道の桶川北本ICと白岡菖蒲ICの間(11km)がつながれば、東名道と東北道が“都心回避相模原ルート”で結ばれて、富士山と日光の間がもっと近くなる。

開通記念式典に出席した相模原市の50代の男性は、「地元エリアの圏央道がつながることで、関東の南北移動ルートがますます活発化すれば」と話していた。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品