日産ゴーン社長「最も重要な協力事業」…ダイムラーとのコンパクト共同開発・生産

自動車 ビジネス 企業動向

ルノー・日産自動車グループと独ダイムラーは6月27日に、プレミアムコンパクトの共同開発とメキシコでの共同生産計画を発表した。2017年から順次生産を開始し、本格稼働時には合わせて年30万台の生産を目指す。

日産がメキシコシティで記者会見を開き、カルロス・ゴーン日産社長と、ダイムラーのディーター・ツェッチェ会長がそれぞれフランスとドイツから中継で参加した。開発するコンパクトは日産がインフィニティブランド、ダイムラーはメルセデスベンツとし、それぞれ17年、18年に生産を始める。

工場は日産が13年11月に稼働させたアグアスカリエンテス新工場をさらに増設、運営は折半出資の合弁会社が行う。工場の投資額は約10億ユーロ(約1380億円)に及ぶ。会見ではゴーン社長が「最も重要な協力事業」とし、ツェッチェ会長も「われわれの最大のプロジェクト」と表明した。

両グループは米国でも同日からテネシー州内に、共同で新設したエンジン工場で2リットルターボエンジンの生産を開始している。工場は最大で年25万基の能力をもち、完成品は日産のインフィニティ『Q50』スポーツセダンやメルセデスベンツのCクラスなどに搭載する。
《池原照雄》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品