日産ゴーン社長「最も重要な協力事業」…ダイムラーとのコンパクト共同開発・生産

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車 カルロス・ゴーン社長兼CEO
  • 日産自動車 カルロス・ゴーン社長兼CEO
  • ダイムラーAGのディーター・ツェッチェ取締役会会長
  • 日産アグアスカリエンテス工場(メキシコ)
ルノー・日産自動車グループと独ダイムラーは6月27日に、プレミアムコンパクトの共同開発とメキシコでの共同生産計画を発表した。2017年から順次生産を開始し、本格稼働時には合わせて年30万台の生産を目指す。

日産がメキシコシティで記者会見を開き、カルロス・ゴーン日産社長と、ダイムラーのディーター・ツェッチェ会長がそれぞれフランスとドイツから中継で参加した。開発するコンパクトは日産がインフィニティブランド、ダイムラーはメルセデスベンツとし、それぞれ17年、18年に生産を始める。

工場は日産が13年11月に稼働させたアグアスカリエンテス新工場をさらに増設、運営は折半出資の合弁会社が行う。工場の投資額は約10億ユーロ(約1380億円)に及ぶ。会見ではゴーン社長が「最も重要な協力事業」とし、ツェッチェ会長も「われわれの最大のプロジェクト」と表明した。

両グループは米国でも同日からテネシー州内に、共同で新設したエンジン工場で2リットルターボエンジンの生産を開始している。工場は最大で年25万基の能力をもち、完成品は日産のインフィニティ『Q50』スポーツセダンやメルセデスベンツのCクラスなどに搭載する。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

    【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  2. スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

    スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

  3. メルセデス世界販売17万台、BMWとアウディを抑える…5月

    メルセデス世界販売17万台、BMWとアウディを抑える…5月

  4. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  5. 日産、国内の女性管理職比率が9.1%に上昇…4人に1人は部長級以上

  6. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  7. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  8. 【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

  9. ホンダ、タカタ製エアバッグで15万台追加リコール…マレーシア

  10. 出光興産の大株主、昭和シェル石油との経営統合に反対意見

アクセスランキングをもっと見る