テスラ モデルX 、2015年初頭に生産開始…ガルウィングドアも確定

エコカー EV

テスラ モデルX(デトロイトモーターショー13)
  • テスラ モデルX(デトロイトモーターショー13)
  • テスラ モデルX(デトロイトモーターショー13)
  • テスラ モデルX(デトロイトモーターショー13)
米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズが『モデルS』に続く市販EVとして計画中の『モデルX』。同車に関して、最新の生産開始時期の見通しが公表された。

これは6月16日、テスラモーターズがモデルXを予約している顧客に向けて、明らかにしたもの。同社は、「2015年初頭、モデルXの生産を開始する予定」と告げている。

テスラモーターズは2012年2月、モデルXのプロトタイプ車を初公開。モデルXは、モデルSのEVパワートレインや車台をベースに開発。セダンのモデルSに対して、モデルXはクロスオーバー車となる。

モデルXのハイライトは、後部ドアの「ファルコンウィングドア」と呼ばれるガルウィングドア。モデルXは3列シート、乗車定員7名のクロスオーバー車。2列目と3列目シートへの乗降性を高める目的で、ガルウィングドアが採用される。

6月16日、テスラモーターズはモデルXを予約している顧客に対して、「モデルXに、ファルコンドアを採用することを確定する。駆動方式は4WD。SUVの使い勝手とスポーツカーのパフォーマンスを最もスタイリッシュな方法で融合させる」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. マイナス30度で駆動する全固体リチウムイオン電池---オハラが試作に成功

    マイナス30度で駆動する全固体リチウムイオン電池---オハラが試作に成功

  2. メルセデス SクラスのPHV、EVモードが1.5倍に…2017年

    メルセデス SクラスのPHV、EVモードが1.5倍に…2017年

  3. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  4. ブリヂストン、太陽電池用接着フィルムの生産能力を増強

  5. 東北発のマイクロEVキットカー「ピウス」、レンタルおよびカスタマイズ受託を開始

  6. 【トヨタ プリウスPHV】本当にお得なのか?…津々見友彦

  7. 三菱自、南オーストラリアのEV普及に協力

  8. ダイムラー と中国 BYD のEV、デンツァに新型…400km走行可能

  9. 【ホンダミーティング12】3人乗り超小型EVはファントゥドライブ

  10. テスラの新型EV、モデル3 …設計が完了

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら