【ダイハツ コペン 新型発表】「丸目」コペン 公式画像を入手…発売は2015年

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツコペン新型、第3のモデルはお馴染みの丸目となる
  • ダイハツコペン新型、第3のモデルはお馴染みの丸目となる
  • ダイハツ コペン ローブ(左)と第3のモデル(右)
  • 第3のモデル(左)とコペン ローブ(左)
ダイハツが6月19日に発表した新型『コペン』。樹脂製の外板を着脱できるのが特徴で様々な派生パーツの登場が予告されている。中でも注目は、丸目ヘッドライトを採用した、旧型を彷彿とさせる「第3のモデル」だ。その公式画像3枚を入手したので紹介する。

新型コペンの外板パーツには、バンパーやフェンダーなどの樹脂部品だけでなく、ヘッドライト等も含めた様々な外装品が登場する予定であることが発表された。スタンダードモデルの「コペンローブ」、秋に発売予定の「Xモデル」をベースに、様々な派生デザインが控える。その中の一台が「第3のモデル」。いかにもスポーツカー然とした新型のイメージを大きく変えている。

ダイハツが公開している画像は、外装、コペンローブとの比較、そしてパーツが分解された状態の3枚。最後の1枚に注目すると、リアのコンビネーションランプも丸型になっており、旧型のイメージを色濃く残したモデルであることが確認できる。ボンネットのプレスラインも、丸みを帯びているのがわかるだろう。

新型コペンの外装変更は購入後も可能。スタンダードなコペンローブを一通り楽しんだ後で、この第3のモデルにデザイン変更し、買い換えすることなくモデルチェンジ並みの新鮮味を味わうこともできそうだ(Xモデルからの変更は不可)。

第3のモデルの発売は、2015年央予定。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

    【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

    【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  5. VWの新型SUV、車名は「トラモント」か…中国メディアがスクープ

  6. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  7. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  8. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  9. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

  10. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら