NTTドコモ、テスラ モデルSにM2M通信を提供

自動車 テクノロジー ネット

テスラ・モデルS(写真は左ハンドル仕様)
  • テスラ・モデルS(写真は左ハンドル仕様)
  • テスラ・モデルS(写真は左ハンドル仕様)
NTTドコモは6月10日、2014年夏以降に日本に導入する電気自動車テスラ『モデルS』について、ドコモM2Mプラットフォームおよびデータ通信回線を提供する契約を米テスラモーターズと締結した。

モデルSは、パワフルなモーターを積むセダンタイプのEV。0-100km/h加速は5.9秒、最高速200km/hの性能を備え、1回の充電で最大約500kmを走行できる。

また、大型17インチディスプレイを標準搭載し、高解像度地図のカーナビゲーションやオンラインミュージックのストリーミングラジオ等、様々な車向け情報通信サービスを実現しており、その通信をドコモがサポートする。

今回、ドコモの通信ネットワークの広さや高層ビル群や山間部での通信の安定性、法人サポートの充実などが高く評価された。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【JNCAP2015】最高評価の5台、国際フォーラムで一般公開 28日

    【JNCAP2015】最高評価の5台、国際フォーラムで一般公開 28日

  2. 初めてのカーオーディオ、プロに聞いた「本命プラン」

    初めてのカーオーディオ、プロに聞いた「本命プラン」

  3. いすゞと日野、トラック・バスの自動運転システム実用化に向けITS技術を共同開発

    いすゞと日野、トラック・バスの自動運転システム実用化に向けITS技術を共同開発

  4. 【JNCAP2015】新・安全性能総合評価、CX-3 や ステップワゴン など5車種がファイブスターを獲得

  5. 【JNCAP2015】マツダ CX-3、ファイブスター賞を最高得点で受賞

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】Aピラーは細く軽く…視野角広げるティッセンクルップの「スリムAピラー」

  7. ガーミン、GPS機能付アウトドアウォッチ fenix3J にスワロフスキーモデルを追加

  8. フロントスピーカーの「鳴らし方」考察…クロスオーバーさせるメリットは

  9. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  10. 【ユーロNCAP】ルノーの超小型車、トゥイジー…衝突安全テストに失格

アクセスランキングをもっと見る