宇宙旅行実現へ…エアバス、スペースプレーンの飛行試験に成功

宇宙 企業動向

エアバス・ディフェンス・アンド・スペースは、5月1日から5月4日にかけて、同社が開発中の宇宙往還機、「スペースプレーン」の実験機の飛行実験に成功した。

同社が開発中のスペースプレーンは、乗客を乗せ、高度100kmまで上昇したのち地上に帰還する宇宙旅行サービスを行うこと目指している。このスペースプレーンの外見は、普通のビジネスジェット機の後ろに、ロケットエンジンを装備したような姿をしている。

今回の実験機は実機の4分の1のサイズで、実験はシンガポール沖約100kmの南シナ海上で行われた。実験機はAS350型機に吊るされて高度3000メートルまで上昇、そこで切り離され、地上からの操縦によって飛行した。その後無事に地上に着陸・回収され、実験は成功した。

しかし、同社の発表には宇宙飛行を行う時期など、今後の具体的な計画は、現時点では明らかにされていない。

エアバス・ディフェンス・アンド・スペース社は、エアバス・ディフェンス社とCassidian社, Astrium社を統合したエアバス・グループのヨーロッパを代表する宇宙・防衛分野の会社。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 「限界を超えた超新星」の起源を初めて解明

    「限界を超えた超新星」の起源を初めて解明

  2. イリジウム通信衛星 軌道上66機を総入れ替え オービタルサイエンシズが全81機を製造

    イリジウム通信衛星 軌道上66機を総入れ替え オービタルサイエンシズが全81機を製造

  3. JAXA 光学地球観測衛星と光通信衛星をコラボ運用…2019年打ち上げを目指す

    JAXA 光学地球観測衛星と光通信衛星をコラボ運用…2019年打ち上げを目指す

  4. JAXA、火星探査用飛行機の高高度飛行試験を完了

  5. 大西宇宙飛行士、七夕に宇宙に向けて飛び立つ…ISS打ち上げ日時が正式決定

  6. JAXA 世界の雨を観測する『GPM/DPR』衛星の詳細を発表 2月種子島で打ち上げ

  7. 準天頂衛星を使い農作業…自律走行型ロボットトラクターで実証実験

  8. 欧州補給機5号機がISSから分離、大気圏に再突入…最後のミッションを終了

  9. 国際宇宙ステーションから撮影したオーロラ映像…JAXA・コニカミノルタ『宇宙から見たオーロラ展2014』開催

  10. アルマ望遠鏡で巨大ブラックホールに吸い込まれるガス雲の様子を初観測

アクセスランキングをもっと見る