人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

世界ブランドランキング、Google が4年ぶりトップ…トヨタは26位

自動車 ビジネス 海外マーケット

世界最大手の広告会社WPPグループは、今年で9回目になるブランド価値ランキングを発表した。

ブランド価値ランキングは、WPPグループが年1回発表しているもので、今年で9回目。ブランド価値の算出およびランキングは、各企業の公開財務情報や消費者調査を用いて行っている。

調査の結果、今年最もブランド価値が高いと評価されたブランドは「Google」、2010年以来4年ぶりのトップに返り咲いた。昨年まで3年連続1位だった「Apple」は2位に転落した。

3位は「IBM」、以下、「マイクロソフト」、「マクドナルド」、「コカ・コーラ」と続く。

日本の自動車ブランドでは、「トヨタ」が昨年調査から3ランクダウンの26位、「ホンダ」がワンラックアップの70位、「ニッサン」が4ランクダウンの90位だった。100位以内にランクインした日本ブランドは4つ。95位の「NTTドコモ」以外はすべて自動車ブランドだった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ジャガー・ランドローバー、クラシックカー部門の本部を新設…英国

    ジャガー・ランドローバー、クラシックカー部門の本部を新設…英国

  2. 長安マツダ中国販売19%増、CX-5 と アクセラ 好調 上半期

    長安マツダ中国販売19%増、CX-5 と アクセラ 好調 上半期

  3. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

    スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  4. 自動車保険は代理店選びがポイント…自動車整備工場で保険に入るメリット

  5. 【川崎大輔の流通大陸】ミャンマーでプライスリーダーを目指す日系自動車メディア

  6. テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

  7. インプ vs ランエボ、WRC黄金期の2台をレンタルで乗り比べ

  8. テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

  9. キア世界販売2.3%増の147万台、過去最高 上半期

  10. 【インバウンドジャパン16】東京ハイヤー・タクシー協会、スマホ配車アプリで訪日外国人の取り込みも狙う

アクセスランキングをもっと見る