ホンダ S2000 後継車は 2.0ターボで350psレベル?!

モータースポーツ/エンタメ 出版物

ホンダS2000後継車について英『Auto EXPRESS』が報じた。写真はホンダS2000
  • ホンダS2000後継車について英『Auto EXPRESS』が報じた。写真はホンダS2000
  • ホンダS2000後継車について伝えた英『Auto EXPRESS』
ホンダが2009年に生産を終了したスポーツカー、『S2000』。同車の後継車が、登場する可能性が出てきた。

これは5月10日、英国の自動車メディア、『Auto EXPRESS』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「ホンダがS2000の後継スポーツカーを計画中」と伝えている。

S2000は、ホンダの創業50周年記念車として、1998年に発表。2シーターのFRオープンスポーツカーで、2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、当時の自然吸気エンジンとしては、驚異的な最大出力250psを引き出した。後期型はトルク重視の2.2リットルとなり、最大出力は242ps。2009年8月、生産を終了した。

このS2000の後継車とは、どのようなスポーツカーになるのか。同メディアによると、ホンダは3種類のスポーツカーを計画。最上級車が新型『NSX』で、入門車が軽自動車規格の『S660コンセプト』の市販版。その中間に位置するミッドサイズスポーツカーが、S2000後継車になるという。

スポーツカーの性能を決定づけるパワートレインは、どうなるのか。同メディアは、「次期『シビックタイプR』用の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボを、350psレベルまでパワーアップして搭載。F1のマクラーレンと共同開発したハイブリッド技術の導入もあり得る」とレポート。そのデビューは2017年というから、期待が高まる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【鈴鹿 サウンド・オブ・エンジン】F1レジェンドマシン、5台の参加が決定

    【鈴鹿 サウンド・オブ・エンジン】F1レジェンドマシン、5台の参加が決定

  2. 【鈴鹿8耐】英国スーパーバイク王者ジョシュ・ブルックスの参戦決定…ヨシムラ2人目のライダー

    【鈴鹿8耐】英国スーパーバイク王者ジョシュ・ブルックスの参戦決定…ヨシムラ2人目のライダー

  3. 【レッドブル・エアレース 第3戦】「空のレースクイーン」ナンバーワンは誰だ!? 人気投票開催

    【レッドブル・エアレース 第3戦】「空のレースクイーン」ナンバーワンは誰だ!? 人気投票開催

  4. 2017年のロッシのチームメイトはヴィニャレスか!? 鈴鹿8耐にザルコ登場の可能性

  5. 【鈴鹿8耐】BS12 トゥエルビ、過去レースダイジェスト版をニコ生で放送開始

  6. 【MotoGP 第6戦イタリア】わずか0.019秒差、ロレンソがゴール直前で逆転勝利

  7. 【鈴鹿 サウンド・オブ・エンジン】F1レジェンドやマン島TT参戦レーサーも登場…11月19日・20日

  8. 【レッドブル・エアレース 第3戦】史上初、空のレースクイーンが登場…コスチュームは“CA風”?

  9. トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

  10. 【INDYCAR】2016年開催スケジュール…第100回インディ500は5月29日決勝

アクセスランキングをもっと見る