ホンダ S2000 後継車は 2.0ターボで350psレベル?!

モータースポーツ/エンタメ 出版物

ホンダS2000後継車について英『Auto EXPRESS』が報じた。写真はホンダS2000
  • ホンダS2000後継車について英『Auto EXPRESS』が報じた。写真はホンダS2000
  • ホンダS2000後継車について伝えた英『Auto EXPRESS』
ホンダが2009年に生産を終了したスポーツカー、『S2000』。同車の後継車が、登場する可能性が出てきた。

これは5月10日、英国の自動車メディア、『Auto EXPRESS』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「ホンダがS2000の後継スポーツカーを計画中」と伝えている。

S2000は、ホンダの創業50周年記念車として、1998年に発表。2シーターのFRオープンスポーツカーで、2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、当時の自然吸気エンジンとしては、驚異的な最大出力250psを引き出した。後期型はトルク重視の2.2リットルとなり、最大出力は242ps。2009年8月、生産を終了した。

このS2000の後継車とは、どのようなスポーツカーになるのか。同メディアによると、ホンダは3種類のスポーツカーを計画。最上級車が新型『NSX』で、入門車が軽自動車規格の『S660コンセプト』の市販版。その中間に位置するミッドサイズスポーツカーが、S2000後継車になるという。

スポーツカーの性能を決定づけるパワートレインは、どうなるのか。同メディアは、「次期『シビックタイプR』用の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボを、350psレベルまでパワーアップして搭載。F1のマクラーレンと共同開発したハイブリッド技術の導入もあり得る」とレポート。そのデビューは2017年というから、期待が高まる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. スズキ、二輪車世界耐久選手権で年間チャンピオン獲得…2年連続15回目

    スズキ、二輪車世界耐久選手権で年間チャンピオン獲得…2年連続15回目

  2. 【サーキット美人2016】鈴鹿8耐『CLEVER WOLF レースクイーン』

    【サーキット美人2016】鈴鹿8耐『CLEVER WOLF レースクイーン』

  3. 世界からも注目される、日本生まれの異端児たち…『月刊自家用車』10月号

    世界からも注目される、日本生まれの異端児たち…『月刊自家用車』10月号

  4. レクサス F オーナー向けドライビングレッスン 富士で9月23日

  5. 【SUPER GT 第6戦】スバル WRX S4 tS コンセプトを展示

  6. 【新聞ウォッチ】三菱航空機の「MRJ」空調トラブルで2日連続の引き返し

  7. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『Vivacious girls』

  8. スズキ、二輪のルマン24時間で優勝…2位カワサキに7周差

  9. 【SUPER GT 第6戦】GT500決勝…レクサス逆襲の1-2、立川祐路&石浦宏明が鈴鹿1000kmを制覇

  10. サーキットが熱く“萌え”上がった「第9回 茂原 de 痛車」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら