ラブライブ! トヨタ公式「痛アクア」が納車 | レスポンス(Response.jp)

ラブライブ! トヨタ公式「痛アクア」が納車

自動車 ニューモデル 新型車

ラブライブ!公式販売痛車のトヨタ『86』に続き、コンプリートカー「国立音ノ木坂学院公用車」最後の1台となる『アクア』が東京トヨペットT:cuz昭島店にて納車された。

希少な痛車を手にしたハンドルネーム「あ~る」さんは現役の痛車乗り。痛車歴は長くこれまで6作品ほどの痛車を作成しては楽しんでいる。そして現在の愛車はラブライブ!絢瀬絵里仕様『kei』。もちろん通勤に使う「痛勤車」だ。

今回、公式販売痛車のトヨタ86とアクアの両方に応募しており、サーキットも好きなので86も欲しかったとの事だ。

推しメンはエリチこと絢瀬絵里。あ~るさんは、このプロジェクトの元となったネット生放送「痛車開発会議」にもゲスト出演しており、お台場モーターフェスでも愛車のkei展示で参加。お披露目イベントの際には最前列で観覧されていたそうで、またまた東京トヨペット金子氏(通称:痛車開発会議の中の人)を驚かせ、納車時には熱い握手を交わしていた。

あ~るさんは「特にイベントで賞が欲しいとかではなく、作品が好きだから買いました。」と語る。買い替えのタイミングとしても良かったそうだ。これからはkeiとアクアの痛車2台体制でイベントに臨むとの事。運が良ければ2台同時に並ぶ姿も見られるかもしれない。

最近ではSUPER GTやD1にも参戦し、TVアニメ2期の放送も開始され、ますます盛り上がりを見せる「ラブライブ!」。公式販売痛車コンプリートカーの2台は完売となったが、アニメ声優ナビが搭載された「国立音ノ木坂学院公用車ナビエディション」はまだまだ販売中。受け付けは6月末までとなっている。
《スタジオアール》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品