【北京モーターショー14】アウディ TT にオフロードコンセプト…408psのPHV

自動車 ニューモデル 新型車

ドイツの高級車メーカー、アウディは4月19日、4月20日に開幕する北京モーターショー14に先駆けて、中国で『TTオフロードコンセプト』を初公開した。

アウディは2014年3月、ジュネーブモーターショー14において、新型『TT』を発表。TTオフロードコンセプトは、TTからSUVが派生する可能性を提示したコンセプトカーとなる。TTは2ドア、TTオフロードコンセプトは4ドアだが、両車は「クーペ」という共通項を持つ。

TTオフロードコンセプトのボディサイズは、全長4390×全幅1850×全高1530mm、ホイールベース2630mm。アウディの小型SUVには『Q3』があるが、このQ3と比較すると、TTオフロードコンセプトは、全長が80mm短いというコンパクトさが特徴。ヘッドライトやグリル、テールランプのデザインは、新型TTと共通イメージに仕上げられた。

パワートレインは、プラグインハイブリッド(PHV)。エンジンは直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TFSI」で、最大出力は292ps、最大トルク38.7kgm。モーターは2個あり、1番目は7速Sトロニックと一体設計。最大出力54ps、最大トルク22.4kgmを引き出し、前輪を駆動する。

2番目のモーターは、リアアクスルにレイアウトされ、後輪を駆動。最大出力115ps、最大トルク27.5kgmを発生する。二次電池は、蓄電容量12kWhのリチウムイオンバッテリーで、リアアクスル前方に配置。EVモードでは、最大50kmをゼロエミッション走行できる。この時の最高速は130km/h。

システム全体では、408psのパワーと、66.3kgmのトルクを獲得。この結果、TTオフロードコンセプトは、0-100km/h加速5.2秒、最高速250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを発揮する。それでいて、EVモードの効果もあり、欧州複合モード燃費52.63km/リットル、CO2排出量45g/kmの優れた環境性能を実現している。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品