人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【北京モーターショー14】アウディ TT にオフロードコンセプト…408psのPHV

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ TT オフロードコンセプト
  • アウディ TT オフロードコンセプト
  • アウディ TT オフロードコンセプト
  • アウディ TT オフロードコンセプト
ドイツの高級車メーカー、アウディは4月19日、4月20日に開幕する北京モーターショー14に先駆けて、中国で『TTオフロードコンセプト』を初公開した。

アウディは2014年3月、ジュネーブモーターショー14において、新型『TT』を発表。TTオフロードコンセプトは、TTからSUVが派生する可能性を提示したコンセプトカーとなる。TTは2ドア、TTオフロードコンセプトは4ドアだが、両車は「クーペ」という共通項を持つ。

TTオフロードコンセプトのボディサイズは、全長4390×全幅1850×全高1530mm、ホイールベース2630mm。アウディの小型SUVには『Q3』があるが、このQ3と比較すると、TTオフロードコンセプトは、全長が80mm短いというコンパクトさが特徴。ヘッドライトやグリル、テールランプのデザインは、新型TTと共通イメージに仕上げられた。

パワートレインは、プラグインハイブリッド(PHV)。エンジンは直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TFSI」で、最大出力は292ps、最大トルク38.7kgm。モーターは2個あり、1番目は7速Sトロニックと一体設計。最大出力54ps、最大トルク22.4kgmを引き出し、前輪を駆動する。

2番目のモーターは、リアアクスルにレイアウトされ、後輪を駆動。最大出力115ps、最大トルク27.5kgmを発生する。二次電池は、蓄電容量12kWhのリチウムイオンバッテリーで、リアアクスル前方に配置。EVモードでは、最大50kmをゼロエミッション走行できる。この時の最高速は130km/h。

システム全体では、408psのパワーと、66.3kgmのトルクを獲得。この結果、TTオフロードコンセプトは、0-100km/h加速5.2秒、最高速250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを発揮する。それでいて、EVモードの効果もあり、欧州複合モード燃費52.63km/リットル、CO2排出量45g/kmの優れた環境性能を実現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  2. 【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

    【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

  3. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

  4. 【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

  5. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  6. アルピナ版 5シリーズ ツーリング「B5」早くも目撃

  7. BMW M5、現行型に最終モデル…5年の歴史に幕

  8. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  9. 【スバル インプレッサ 新型】すべてが必然のデザイン…フロントに生きる「栄・誉エンジン」

  10. 【日産 セレナ 新型】9月発売予定のプロトタイプ、詳細を撮影[写真蔵]

アクセスランキングをもっと見る