フリーゲージトレイン新試験車両、熊本で報道公開

鉄道 テクノロジー

鉄道・運輸機構とJR九州は4月19日、軌間(線路の幅)が異なる新幹線と在来線を直通できる軌間可変電車(フリーゲージトレイン)の新試験車両を熊本総合車両所(熊本市)で報道陣に公開した。今後走行試験を行い、九州新幹線長崎ルートへの導入に向け耐久性などを確認する。

新試験車両は全電動車方式の4両編成で、新幹線の電化方式である交流2万5000Vと在来線の交流2万Vに対応。新幹線区間での最高速度は270km/h、在来線区間では130km/hとなっている。車体はアルミ製で、塗装はシャンパンゴールドとディープレッド(赤)に塗り分けられ、先頭車の側面には「FGT」のロゴを配している。流線型の先頭部の長さは8mあり、ライト周りの一部にCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を使用するなど、軽量化に配慮した構造となっている。

開発費は約43億円で、車両は鉄道・運輸機構が保有し、JR九州が保守管理を行う。

走行試験は20日未明から始まり、2017年3月ごろまで九州新幹線と鹿児島本線で実施。3年で60万kmを走り込み、耐久性などを確認する。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR東日本、五能線『リゾートしらかみ』新型車両の試乗会を開催…7月9日

    JR東日本、五能線『リゾートしらかみ』新型車両の試乗会を開催…7月9日

  2. JR西日本、大阪環状線寺田町駅の旧駅名標を現地で保存…右横書きの跡残る

    JR西日本、大阪環状線寺田町駅の旧駅名標を現地で保存…右横書きの跡残る

  3. JR東日本、鶴見駅の京浜東北線ホームにもホームドア設置へ…6月以降に着手

    JR東日本、鶴見駅の京浜東北線ホームにもホームドア設置へ…6月以降に着手

  4. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

  5. 東武鉄道、岩槻駅の橋上化が完成…5月31日使用開始

  6. JR四国、旧国鉄121系電車をリニューアル…CFRP台車「efWING」導入

  7. JR西日本、225系「アップデート」車両を公開…阪和線などに投入

  8. 京急電鉄、久里浜線の延伸事業など凍結…三浦半島の人口減受け

  9. 湘南モノレール、23年ぶりダイヤ改正…夜間中心に増発

  10. 東武鉄道、竹ノ塚駅前後の下り急行線を5月に高架化…踏切事故から11年

アクセスランキングをもっと見る