【鈴鹿8耐】出たくてしょうがなかった…カワサキモータースジャパン 清水泰博取締役 | レスポンス(Response.jp)

【鈴鹿8耐】出たくてしょうがなかった…カワサキモータースジャパン 清水泰博取締役

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは4月12日、7月24日から27日に開催される「2014 FIM世界耐久選手権シリーズ“コカ・コーラ ゼロ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第37回大会」、通称“8耐”の記者発表会を鈴鹿サーキットで行った。

今年の8耐で注目となるのが、カワサキ直系としては13年ぶりの参戦となる「チームグリーン」。同チームはカワサキの国内二輪販売会社が運営するもので、国内では実質的にワークスチームとして1983年から活躍してきた歴史を誇る。

今季チームグリーンは、国内トップカテゴリーの全日本JSB1000に柳川明選手と渡辺一樹選手の2台体制で参戦中だが、8耐ではこの2人に加えて、海外レースでの活躍が長く、今季はアジアロードレース選手権に『Ninja ZX-6R』で参戦中の藤原克昭選手を第3ライダーに迎えて挑む。

カワサキモータースジャパンの清水泰博取締役は、記者発表会でステージに立ち、8耐参戦への思いを語った。

「カワサキモータースジャパンが運営するチームグリーンは1992年以来、22年ぶりに8耐に参戦することになります。また、カワサキ直系のレーシングチームとしては、13年ぶりの8耐参戦となります。8耐については、非常に長い間お待たせして申し訳ありませんでした、ということになると思います。実際、会社の事情もありますので、なかなか出てこれなかった、というのはあるのですが、では社内ではどうだったかと言えば、出たくてしょうがなかった。国内販売会社としては、出たくて出たくて、しょうがなかった。これがやっと実現できるということは、非常に嬉しいことであります」

「(8耐参戦については)早々に、昨年末に発表させていただいたのですが、その昨年にチームグリーンは発足30周年を迎えました。そして今年は31年目を迎える非常にいいタイミングでもあります。それに伴って、チームグリーンのロゴを変えましたが、もう一つ、何か大きなきっかけを作ろうということで8耐参戦を決意させていただきました」

「ではなぜ8耐に参戦するのか、と言えば、2輪の市場はこのところ非常に低迷しておりました。ところが、この2、3年において、また盛り上がりを見せている。そこにはリターンライダーと呼ばれる50歳前後の方が増えているという面もありますが、それだけではなく、そのお子様方も2輪に興味を持ち始めている。であるなら、レースにも興味を持っていただけるチャンスはあるのではないか」

「カワサキとしては今、“こと作り”というものを目指しています。車両、商品を作るのはメーカーによる“もの作り”です。一方で、私ども販売会社は、ことを作る。お客様に何か感動を与える、そういう機会を作るのが販売会社です。そういった、こと作りの一環として、8耐の参戦を決めさせていただきました」

「8耐の参戦について、チームグリーンには3つほどテーマがあります。一つは期待。それはファンの期待、そして鈴鹿サーキットを運営するモビリティランド様をはじめ、レース関係者の期待。さらには本来ライバルであろう、他メーカーのホンダ、ヤマハ、スズキ様の、何で出ないのだろう、と思われていた期待。その期待に応えたい、というのが一つ」

「もうひとつは伝承です。やはり10年以上、メーカーとして8耐に出ておりません。ですので若い世代に、この8耐に対する姿勢、取り組み、またマシンの作り方、メカニック、これを伝承していかなくてはならない。また、8耐のイベントの作り方、お客様の喜ばせ方を伝えていかなくていけない」

「そして最後に感動。今、オートバイを買われている若い方々に、なかなかレース場まで来ていただけない。ただし、カワサキとしては、昨年ちょうど100回を迎えたのですが、コーヒーブレイクミーティングというものをやっています。これには毎回、1000人、2000人という新しいユーザー様が来られている。それを今回、8耐の会場で、モビリティランド様と一緒になって開かせていただき、今オートバイを購入された若いお客様を含めて、オートバイファンの方々とレースの感動を共有したい、この感動体験をみなさんと一緒に味わいたい。この3つを今回、この8耐に参戦するにあたって叶えたい、という思いで参戦させていただきます」

「今回の8耐にはチームグリーンとして、本日も(2&4で)走っている柳川明選手と、若手の渡辺一樹選手の2名に加えて、第3ライダーとして、ここ3年、アジアロードレース選手権で活躍している藤原克昭選手を迎えて参戦します。ですので、純正日本人チームになります。柳川選手(1971年生)も、藤原選手(1975年生)もアラフォーです(笑)。二人は感動、期待を一身に受けて、見ている皆さんに熱い思いを十分に伝えてくれるライダーだと思います。また、その期待を、この後の世代に伝えるのが渡辺選手かと思っています」

「カワサキとしてはこの8耐、おろそかにしていたわけでありません。出たくてしょうがなかった。今年やっと夢が叶います。みなさんと一緒に、このレースを熱い中で、盛り上げ、感動していきたいと思っております」
《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品