パナマに初の地下鉄開業

鉄道 企業動向

中米パナマの首都パナマ市に初の地下鉄が開業。写真は同地下鉄で運行されるフランス・アルストム製の車両
  • 中米パナマの首都パナマ市に初の地下鉄が開業。写真は同地下鉄で運行されるフランス・アルストム製の車両
  • 中米パナマの首都パナマ市に初の地下鉄が開業。写真は運営する「Metro de Panama」のウェブサイト
中米パナマの首都パナマ市に4月5日、同国初の地下鉄(メトロ)が開業した。市を南北に貫く13.7kmの路線で、開業翌日の6日始発から一般客に開放された。

同メトロの公式サイトによると、今回開業した「1号線」の第1期区間には全12駅が設けられており、うち7駅が地下、5駅が高架。今後、北へ1駅分の延伸と、中間駅1駅を新設する予定となっている。

鉄道業界誌インターナショナル・レールウェイ・ジャーナルによると、同メトロは2010年11月に建設が始まり、建設費用は約10億8800万米ドル(約1120億円)。車両はフランス・アルストム製の電車「メトロポリス」3両編成19本を導入、列車制御システムも同社製のCBTC(無線による列車制御システム)「Urbalis」を採用し、最短1分30秒間隔での運転が可能という。

現時点では1時間あたり約1万5000人の利用を見込んでいる。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  2. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

    札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  3. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

    JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  4. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  5. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

  6. 札幌市地下鉄17年ぶりの新車「9000形」が東豊線にデビュー

  7. 西武鉄道と秩父鉄道、西武秩父発のSL列車再び運転…7・8月の2日間

  8. 日台友好列車走る脇で…台北・杉戸の一大車両工場が“進化”

  9. 京急電鉄、久里浜線の延伸事業など凍結…三浦半島の人口減受け

  10. JR東日本、山手線新型電車の本格投入は来春から…現在の車両は中央・総武緩行線へ

アクセスランキングをもっと見る