人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ダイハツ コペン 新型、消費税込みでも200万円切る価格に

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツ工業は4月1日、2014年6月に発売を予定している新型軽オープンスポーツカー『コペン(COPEN)』に採用する技術を明らかにした。価格は、200万円を切る予定だ。

新型「コペン」には、フレーム構造とモノコック構造をベースにした新骨格構造「D-Frame(ディーフレーム)」を開発した。さらに、内外装着脱構造「DRESSFORMATION(ドレスフォーメーション)」により、デザインをユーザーの好みにより選択が可能な着脱構造にした。フロントフード、ラゲージ、フロント/リア バンパー、フロント/リア フェンダー、ロッカー、フューエルリッドなど11部品の交換が可能な仕組みだ。

ダイハツ工業 技術本部 執行役員の上田亨氏は、「新型コペンは車本来の『走りの楽しさ』や『持つ喜び』と言った、今までと違う付加価値を追求して開発してきました。価格も消費税増税後、200万円を切る設定にしたいと思います」と言う。

さらに新技術について、「軽自動車の技術につきましては、e:Sテクノロジーの要素を『アイラ』でインドネシア市場に投入したのように、海外展開が可能と考えています。新型コペンの技術も、将来そのようなポテンシャルをもっていると実感しています」とした。
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  2. 【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

    【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

  3. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】自動運転技術充実「さらに進歩させた」

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】自動運転技術充実「さらに進歩させた」

  4. スバル XVハイブリッド、STIコンプリートモデルの先行予約を開始

  5. 日産 GT-R 2017年モデル、ダンロップの高性能ランフラットタイヤを新車装着

  6. ポルシェ パナメーラ 新型に「エクスクルーシブ」…特別仕立て

  7. アストンマーティン DB9、生産終了…13年の歴史に幕

  8. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  9. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

  10. 【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

アクセスランキングをもっと見る