東京メトロ東西線、行徳駅に太陽光発電システム設置 | レスポンス(Response.jp)

東京メトロ東西線、行徳駅に太陽光発電システム設置

鉄道 企業動向

東京地下鉄(東京メトロ)は3月27日から、東西線の行徳駅(千葉県市川市)に太陽光発電システムを導入する。同社が26日発表した。東西線の地上区間各駅に太陽光発電システムを導入する「東西線ソーラー発電所」計画の一環で、同線の太陽光発電導入駅は計7駅となる。

行徳駅に設置した太陽光パネルの最大出力は108kW、年間発電電力量は約10万8000kWhを見込んでおり、一般家庭約32世帯分となる約57トンの二酸化炭素排出を削減できる。発電した電力は駅のエスカレーターやエレベーター、照明などに使用し、発電量が多い場合は隣の駅に融通することもできる。

すでに東西線では西葛西・葛西・浦安・南行徳・妙典・原木中山の6駅に太陽光発電システムが設置されており、合算での最大出力は約1MWに達する。今後は西船橋駅にも導入する予定で、同駅へも設置されるとメガソーラー規模の「東西線ソーラー発電所」計画が完成する。

東京メトロ全体では東西線の各駅のほか、千代田線の北綾瀬駅にも太陽光発電システムが設置されており、同システム設置駅は行徳駅も含めると合計8駅となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品