プレミアファイナンシャルサービス、タイ金融会社と業務提携

自動車 ビジネス 海外マーケット

プレミアファイナンシャルサービス
  • プレミアファイナンシャルサービス
  • Eastern Commercial Leasing Public Company Limited
プレミアファイナンシャルサービス(PFS・旧SBIクレジット)は3月24日、タイの自動車販売金融会社であるEastern Commercial Leasing Public Company Limited(ECL)と業務提携契約を締結したと発表した。

タイ自動車市場は、日系メーカーが90%以上の市場シェアを占めており、日系企業のプレゼンスが高まっている。新車販売台数は133万台(2013年)で、東南アジア市場では最大規模となる。また、新車販売の増加に伴い、中古車流通も急速に拡大しており、事業領域と収益機会が広がっている。

ECLは、2004年にタイ国証券取引所(SET)に上場して以来、タイにおける経験と人脈を活用し、中古車ローンの事業拡大を展開している。今回の業務提携により、PFSが日本国内で培ったオートファイナンス事業のノウハウや日系企業の信用力の活用が可能となり、新規出店や新商品開発の早期実現を目指していく。

PFSは、日本国内においてオートクレジットやワランティ(自動車保証)を全国の自動車販売店を中心とした約2万3000店の加盟店網を中心に提供。海外では、今後の経済成長が見込まれ重要性が高まる東南アジア地域を中心としたファイナンス事業の展開を検討してきた。今回の業務提携により、タイでのオートファイナンス事業の展開やノウハウの吸収が可能となり、東南アジア地域への事業展開の早期実現を目指していく。

両社は今後、提携関係を強化することで、保有する国内外のネットワークを活用した事業展開が可能となり、タイにおけるファイナンス事業の拡大をともに進めていく。オートファイナンス事業に続いて、ワランティ事業やその他の新規事業についても展開を予定している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

    法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

  2. 燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

    燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

  3. スズキ燃費データ問題…鈴木修会長、報告書を握りしめて詫びる

    スズキ燃費データ問題…鈴木修会長、報告書を握りしめて詫びる

  4. 爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

  5. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  6. トヨタ、国内9工場を一時停止…アドヴィックス爆発事故の影響

  7. スズキ 鈴木会長「再発防止策が第一の経営責任」…燃費データ不正

  8. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  9. ポルシェ、デジタル事業の新会社を設立へ

  10. マツダ アクセラ、累計生産500万台を達成…12年10か月は同社最短記録

アクセスランキングをもっと見る