トヨタの新型コンパクトカー、マツダの SKYACTIV エンジン搭載か

モータースポーツ/エンタメ 出版物

マツダ跳(HAZUMI)
  • マツダ跳(HAZUMI)
  • マツダ跳(HAZUMI)
  • マツダ跳(HAZUMI)
トヨタ自動車が、現在開発中と見られる新たなコンパクトカー。同車に、マツダの「SKYACTIV」(スカイアクティブ)エンジンが搭載される可能性が出てきた。

これは3月上旬、『オートモーティブニュース』が報じたもの。同メディアが、マツダメキシコ新工場(MMVO)の江川 恵司 社長から得た話として、「次期『デミオ』をベースにしたトヨタのコンパクトカーが、マツダのSKYACTIVエンジンを採用する」と伝えている。

この新コンパクトカーに関しては、トヨタとマツダが2012年11月、「トヨタとマツダ、メキシコでの生産について合意」と発表。2014年2月末に稼動したマツダのメキシコ新工場において、2015年夏頃から、次期『マツダ2』(日本名:デミオ)をベースにしたトヨタブランドの小型車を年間5万台程度生産し、トヨタの北米ディーラーで販売する、と公表していた。

ところで、マツダは3月4日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー14において、コンセプトカーの『跳(HAZUMI)』を初公開。同車が、次期マツダ デミオを示唆したコンセプトカーと見られる。

MMVOの江川社長は、トヨタの新型コンパクトカーについて、同メディアに対し、「ボディはトヨタが独自にデザイン。エンジンは、マツダのSKYACTIVガソリンが採用されることになるだろう」と話したという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【新聞ウォッチ】スズキの燃費不正、対象車種すべてカタログ値より「好結果」に

    【新聞ウォッチ】スズキの燃費不正、対象車種すべてカタログ値より「好結果」に

  2. 井形ともさん、FIMより女性レジェンドライダーとして表彰…日本人初

    井形ともさん、FIMより女性レジェンドライダーとして表彰…日本人初

  3. 「軽トラとは違うわ~」世界の名車が山村を疾走…スペシャルステージ曽爾クラシック

    「軽トラとは違うわ~」世界の名車が山村を疾走…スペシャルステージ曽爾クラシック

  4. 日本一贅沢なジムカーナ…Lamborghini Instinct Experience

  5. 新旧スポーツカー120台が疾走…浅間ヒルクライム2016[写真蔵]

  6. 【新聞ウォッチ】過去の教訓はどこに…トヨタ国内生産工場6日間一斉停止のショック

  7. F1が走行、GTマシンに同乗もできるフェラーリのオーナーズイベント

  8. 【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

  9. 【新聞ウォッチ】日産の役員報酬、ゴーン社長11億円? 9人の総額は15億3500万円

  10. 【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

アクセスランキングをもっと見る