【ジュネーブモーターショー14】スバル WRX STI 新型、欧州デビュー…2.5ターボはトルク増強

自動車 ニューモデル 新型車

3月4日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー14。スバル(富士重工)のブースでは、新型『WRX STI』が欧州デビューを飾った。

新型WRX STIは2014年1月、米国で開催されたデトロイトモーターショー14でワールドプレミア。それから2か月を経て、欧州初公開となった。WRX STIは欧州で人気が高く、とくに日本と同じ右ハンドルの国、英国では、古くから輸出されてきた背景もあり、熱狂的ファンが存在する。

新型WRX STIは、2.5リットル水平対向4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。米国仕様では、最大出力305ps/6000rpm、最大トルク40.1kgm/4000rpmを引き出す。

一方、ジュネーブモーターショー14で発表された欧州仕様は、最大出力が300psと米国仕様よりも5psダウン。ところが、最大トルクは41.5kgmと、米国向けよりも1.4kgm高められる。

また、ジュネーブモーターショー14では、欧州仕様の価格も発表。例えば英国でのベース価格は、2万8995ポンド(約500万円)と公表された。この価格は、先代比で4000ポンド(約70万円)もの値下げ。英国では、5月から販売が開始される最初の納車分は、すでに予約で埋まっている状態だという。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品