BMW、新型SUVの X4 を発表…X3 にクーペ版

自動車 ニューモデル 新型車

ドイツの高級車メーカー、BMWは3月6日、新型車の『X4』を欧州で発表した。

BMWは2013年4月、上海モーターショー13に『X4コンセプト』を出品。BMWのSUV、「Xシリーズ」に加わる新たなモデル示唆したスタディモデルだった。今回、その市販版が、X4としてデビューを果たす。

X4のコンセプトは、『X5』と『X6』の関係に似ている。X5のクーペ版がX6。これと同じ考え方で、『X3』のクーペバージョンとして開発されたのが、X4となる。その外観デザインは、フロントバンパーの大型エアインテークやキャラクターラインをはじめ、X3よりもスポーティな性格が強調される。

X4のボディサイズは、全長4671×全幅1881×全高1624mm、ホイールベース2810mm。X3に対して、全長は14mm長く、全高は36mm低い。最低地上高は204mmとした。

室内は、X3に対して、前席シート高を20mm低く設定。後席は40対20対40の3分割可倒式で、多彩なシートアレンジを可能にする。荷室容量は500リットル。シートを倒せば、最大1400リットル(いずれもVDA計測法)に拡大する。最新の「BMWコネクテッド・ドライブ」が用意されており、車載インフォテインメントの充実が図られた。

欧州仕様のエンジンは、ガソリン3とディーゼル2の合計5ユニット。中でも、ガソリンの最上級グレード、「xドライブ35i」には、直噴3.0リットル直列6気筒ターボを搭載。最大出力306ps/5800-6400rpm、最大トルク40.8kgm/1200-5000rpmを引き出す。トランスミッションは8速AT。0-100km/h加速は5.5秒、最高速は247km/hと公表されている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品