JR東日本、運行情報など配信の「JR東日本アプリ」3月10日サービス開始

鉄道 企業動向

JR東日本が3月10日からサービスを開始する「JR東日本アプリ」の画面イメージ。画像はトップページの画面
  • JR東日本が3月10日からサービスを開始する「JR東日本アプリ」の画面イメージ。画像はトップページの画面
  • JR東日本が3月10日からサービスを開始する「JR東日本アプリ」の画面イメージ。画像は首都圏の運行情報画面
  • JR東日本が3月10日からサービスを開始する「JR東日本アプリ」の画面イメージ。画像は「山手線トレインネット」で提供される、車内の混雑状況と温度を表示する画面
JR東日本は3月10日から、同社の列車運行情報や駅に関する案内などを提供するスマートフォン(iOS・Android)向けアプリ「JR東日本アプリ」のサービスを開始する。東京駅ではコインロッカーの空き状況、山手線では乗車中の列車各車両の混雑状況や車内温度の情報配信も行う。

アプリは主に同社各線の運行情報など路線に関する案内と、駅に関する案内を提供。特に首都圏の運行情報に関しては、主要駅の改札付近に設置されている「異常時案内用ディスプレイ」と同様、路線図の形で遅れや運転見合わせなどの情報を見ることができる。よく利用する路線は「My路線」として10路線まで登録でき、登録した路線はアプリのトップページに運行情報が表示される。また、京浜東北線に関してはリアルタイムで各列車の位置を確認できる。

駅に関する案内では、同社の約1700駅の構内図、時刻表、みどりの窓口やコインロッカー、バリアフリー設備の有無などの情報を提供。10カ所まで「My駅」として登録でき、構内図や時刻表、設備など各駅に関する情報を簡単に検索できる。東京駅では構内図からコインロッカーのリアルタイムの空き状況も確認できる。

また、山手線では利用者の乗車位置、区間に合わせて乗り換えなど停車駅の情報のほか、乗っている列車の各号車の混雑状況や車内温度が分かるサービス「山手線トレインネット」を実施する。同サービスは今年度内に3編成、来年度内に全編成で提供できる予定という。1編成目は3月10日から5月末までラッピングトレインとして運行する。

「JR東日本アプリ」はiOS6.0以上、Android2.3.3/4.0.3以上に対応し、利用料は無料。App Store、Google Playから無料でダウンロードできる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR東日本の仙石東北ライン、8月6日から女川直通

    JR東日本の仙石東北ライン、8月6日から女川直通

  2. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  3. 鉄道の災害運休区間、大雨の影響で約17km増…6月末

    鉄道の災害運休区間、大雨の影響で約17km増…6月末

  4. JR北海道、留萌線留萌~増毛間の12月廃止を正式決定…廃止日を繰上げ

  5. JR東日本、上越新幹線で新潟の「朝採り」枝豆を車内販売…7月から

  6. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  7. JR西日本、225系「アップデート」車両を公開…阪和線などに投入

  8. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  9. 北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

  10. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

アクセスランキングをもっと見る