トヨタの新型スポーツカー、車名は「スープラ」か…米国の商標登録から判明 | レスポンス(Response.jp)

トヨタの新型スポーツカー、車名は「スープラ」か…米国の商標登録から判明

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ自動車が、現在開発中と見られる新たなフラッグシップスポーツカー。この『スープラ』後継車に位置付けられる新型車の名前が、そのものズバリ、『スープラ』となる可能性が出てきた。

これは、米国特許商標庁が開示している情報から明らかになったもの。トヨタが2月10日、米国でスープラの名前を商標登録していたことが判明したのだ。

トヨタは2002年をもって、スープラの生産と販売を終了。その後、トヨタは2010年、スープラの名前を米国で商標登録していた。ところが、2014年1月下旬をもって、この商標登録が期限切れに。そこで今回、トヨタは米国特許商標庁に、改めてスープラの名前を商標登録し、権利の帰属を明確にしたもよう。

ところでトヨタは、1月のデトロイトモーターショー14に、コンセプトカーの『FT-1』を出品。このFT-1が、スープラ後継の新型フラッグシップスポーツカーの方向性を示唆していると見られている。

スープラのネーミングを米国で商標登録し、存続させたトヨタ。2016年にも登場すると見られる新型フラッグシップスポーツカーが、再びスープラを名乗る可能性が出てきたことになる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品