首都圏の鉄道、雪で15日始発から運転見合わせ相次ぐ

鉄道 企業動向

前週に続く大雪に見舞われた関東地方では、2月14日夜から翌15日未明にかけて鉄道のダイヤ乱れや運転見合わせが相次いだ。15日も朝から各線で運休やダイヤの乱れが発生している。

東急東横線元住吉駅では15日午前0時30分ごろ、電車の衝突事故が発生。同線は15日始発から渋谷~菊名間で運転を見合わせている。東急は目黒線武蔵小杉~日吉間も始発から運休している。

首都圏のJR各線では、山手線、中央線快速、中央・総武線各駅停車、東海道線、横須賀線、高崎線、横浜線、青梅線、五日市線、相模線などが始発から全線で運転を見合わせている。中央本線の特急「あずさ」「スーパーあずさ」「かいじ」は、15日の全列車・全区間を運休する。

大手私鉄では、京浜急行電鉄が始発から全線で運転を見合わせ。東武東上線・越生線、京王高尾線・動物園線・競馬場線も全線で運休している。西武鉄道は当初全線で運転を見合わせていたが、新宿線上石神井~西武新宿間、池袋線保谷~池袋間で運転を再開した。

(いずれも情報は午前5時30分現在。実際の利用にあたっては最新の情報をご確認ください)
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品