【ジュネーブモーターショー14】BMW、 4シリーズ に「グランクーペ」公式発表…4ドアクーペ派生 | レスポンス(Response.jp)

【ジュネーブモーターショー14】BMW、 4シリーズ に「グランクーペ」公式発表…4ドアクーペ派生

自動車 ニューモデル 新型車

ドイツの高級車メーカー、BMWは2月2日、『4シリーズ グランクーペ』の概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー14で初公開される。

4シリーズ グランクーペは、『3シリーズクーペ』と『3シリーズカブリオレ』の後継車として登場した『4シリーズ』の3車種目のバリエーション。すでにBMWは、『6シリーズ』に「グランクーペ」を用意。これと同様、2ドアの4シリーズに、4ドアクーペという新たな選択肢として加わるのが、4シリーズ グランクーペ。

フロントマスクは、4シリーズ ファミリーと共通。ボディサイズは全長4638mm、全幅1825mm、ホイールベース2810mmで、『4シリーズクーペ』と変わらない。ただし、1389mmの全高は、4シリーズクーペに対して、12mm引き上げられた。ルーフは112mm後方に延ばされていて、『3シリーズセダン』とは異なり、クーペらしい曲線を描いてリアへとつながる。

また、4シリーズクーペよりも、後席の頭上空間が拡大。トランク容量も、4シリーズクーペに対して、35リットル増え、480リットルを確保した。後席は、40対20対40の3分割可倒式。シートバックを倒せば、荷室容量は最大1300リットルへ拡大する。なお、3シリーズセダンとの大きな違いとして、4シリーズ グランクーペには、大きな開口部を持つリアゲートを装備。

搭載エンジンは、既存の4シリーズに準じる。ガソリンエンジンは3種類。「435i グランクーペ」は直噴3.0リットル直列6気筒ターボで、最大出力306ps/5800-6000rpm、最大トルク40.8kgm/1200-5000rpmを発生する。0-100km/h加速は5.5秒、最高速は250km/h(リミッター作動)。

「428i グランクーペ」は直噴2.0リットル直列4気筒ターボの高出力版で、最大出力は245ps/5000-6500rpm、最大トルク35.7kgm/1250-4800rpm。0-100km/h加速は6.1秒、最高速は250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを発揮する。

「420i グランクーペ」は直噴2.0リットル直列4気筒ターボの標準版で、最大出力は184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1250rpmを引き出す。0-100km/h加速は7.5-7.6秒、最高速は236km/h(リミッター作動)の実力だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品