人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【CES14】トヨタが自動運転ではなく“燃料電池車推し”で臨んだ理由

自動車 ビジネス 企業動向

2013年レクサス『LS』を使った自動運転についてのアピールを行ったトヨタだったが、今年は一転、登場したのは昨年東京モーターショーに出展した燃料電池車『FCVコンセプト』。その耐久テスト北米各地で行っていることと、発売を2015年に行うとの発表を行う場となった。

CESは「コンシューマ・エレクトロニクス・ショー」の略で、米国家電協会(CEA)が1967年より毎年1回、1月にラスベガスで開催している世界最大級の家電ショーだ。当初は、クルマ関連としてはカーオーディオやカーナビを中心とする出展するにとどまっていたが、EVが登場するや急速にクルマメーカーがこぞって出展するようになった。

トヨタが最初にCESへ出展したのは2011年のこと。その時はトヨタが米国で導入済みの新マルチメディアシステム「Entune(エンチューン)」を初披露したのみ。しかも、本会場の出展ではなく、プレス向けに事前公開される「CES Unveild」で行われるだけだった。そして2013年までCESへの出展はなかったが、「トヨタ」ブランドとしてなら3年ぶりの出展となったわけだ。

昨年、トヨタが自動運転について言及したのは、Googleによる自動運転があまりに話題を呼び、「自動車メーカーとしてだまってはいられなくなった」ものと思われる。実際、その際の発表では、「自動運転とは言っても、主体はあくまでドライバー。システムはドライバーをサポートするためにある」ことを盛んに強調していた。

それが今回のCESでは一転して、究極の環境対策車と言われるFCVでの出展となったのだ。「FCVコンセプト」は昨年の東京モーターショーで初披露されたもので、スタッフによれば、そこから車両内容の変更は一切ないとのこと。ただ、今回はアメリカでの販売を日本国内と同じ2015年とし、その実現のためにあらゆる耐久テストと、水素ガスステーション整備を急ぐことを具体的なスケジュールとして発表したわけだ。CES本会場でもデモンストレーションはこれを行うだけの徹底した“FCVコンセプト”シフトが行われていた。

この動きから見えてくるのは、実現まであまりに解決すべき問題がわからない自動運転をアピールするよりも環境に関心が深い北米で発売をアピールすべき、との考え方だ。「理想としての夢を追うよりも現実を選択した」とも言えるだろう。

「FCVコンセプト」の実用航続距離は500km以上、水素の充填時間はガソリン車並みの3分程度を実現。専用ボディに高圧水素タンクを2本配置した高効率パッケージングも大きな特徴となる。その耐久テストは耐寒/耐熱の2方向から行われ、耐寒テストはオーロラ観光でも有名なカナダのイエローナイフで、耐熱テストは夏場なら50度を超える気温で海が干上がったとされるデスバレーで行われた。

水素ステーションの整備ついて、トヨタは最初にFCVを販売するカリフォルニア州を中心に整備し、2015年までに20カ所、2016年には40カ所までに倍増させる。FCV所有者が6分以内にステーションにたどり着けるような配置も行うという。

また、会場には東京モーターショーで初披露されたドライバーの体重移動で操作できるという立ち乗りできる1人乗りコンセプトEV「FV2」 を出展。ホイール部分も含め外装がディスプレイ化されている、いかにも「コンセプト」といったデザインが注目を浴びていた。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

    【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  2. 三菱自、アウトランダー の中国現地生産を開始

    三菱自、アウトランダー の中国現地生産を開始

  3. 日本車初期品質、ブランド別でトヨタがトップ…JDパワー

    日本車初期品質、ブランド別でトヨタがトップ…JDパワー

  4. ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

  5. 【Amanekチャンネル】1kmメッシュ気象警戒予測情報の提供開始…日本初

  6. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  7. 三菱自の燃費不正対象車両、検索システムで一部リスト漏れ

  8. レクサス IS、世界累計販売100万台…17年で達成

  9. 米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

  10. ポルシェ 918 スパイダー、米国でリコール…ネジを間違えた

アクセスランキングをもっと見る