人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

米EVのテスラ、中国で発売…商標問題で中国語でのブランド表記なし

エコカー EV

米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズは2013年12月下旬、中国市場で『モデルS』の販売を開始した。しかし、中国語表記はない。

通常、海外の自動車メーカーが中国に進出する場合、ブランド名などに漢字を使う。中国の顧客の認知度を高めるのが目的だ。ところが、テスラの場合、ブランド名は英語表記の「TESLA」のまま。

これには、中国での商標問題が関係している。テスラの中国語表記は、「特斯拉」。ところが、この名前は中国人の実業家が商標登録済み。そのため、テスラは中国で、この「特斯拉」を使えない状態にある。

テスラモーターズとこの中国人の実業家の間では、商標権の譲渡に向けた交渉が行われてもよう。しかし、現時点では解決に至っておらず、テスラは中国で、中国語表記のブランド名のないまま、販売開始となった。

ちなみに、テスラの中国公式サイトのアドレスには、「tuosule」という英字が使われている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. マイナス30度で駆動する全固体リチウムイオン電池---オハラが試作に成功

    マイナス30度で駆動する全固体リチウムイオン電池---オハラが試作に成功

  2. メルセデス SクラスのPHV、EVモードが1.5倍に…2017年

    メルセデス SクラスのPHV、EVモードが1.5倍に…2017年

  3. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  4. 三菱自、南オーストラリアのEV普及に協力

  5. 三菱リコール問題を一気読み

  6. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

  7. 日産 新型セレナ搭載の「マイクロハイブリッド」とは?

  8. 【ホンダミーティング12】2013年登場予定のアコード「フルHEV」はカムリハイブリッドを超える!?

  9. 【特集 クルマと震災 2012】トヨタ エスティマハイブリッド の有効性… アルファード や ヴェルファイア に1500Wコンセントがついていない理由

  10. ダイムラー と中国 BYD のEV、デンツァに新型…400km走行可能

アクセスランキングをもっと見る