UDトラックス、新興国向け大型トラック「クエスター」を中国で製造・販売へ

自動車 ニューモデル 新型車

UDトラックスは、新興国向け新大型トラック「クエスター」を中国市場に投入すると発表した。2014年第2四半期から納入する。

同社の親会社であるボルボ・グループと東風汽車の合弁会社である東沃汽車が製造・販売する。

UDトラックスは、新興国向け新大型トラック「クエスター」を今年8月、タイ・バンコクで発表した。新たに中国市場に投入することで、拡大している中国トラック市場でシェアアップを図る。

長距離輸送、市内配送、危険物運搬、建設現場、公益事業など様々な用途に対応するため、4×2、6×2、6×4、8×4のリジッドとトラクターと、幅広い車種を取り揃える。

中国に投入するクエスターは、タイ、インドネシア、マレーシアの各市場に投入しているクエスターと同じ大型プラットフォームを使用して開発した。中国市場のニーズを満たす機能・装備を採り入れ、東沃汽車が同国内で製造、販売する。杭州にある東沃汽車の工場の年産能力は5000台。

UDトラックスのヨアキム・ローゼンバーグ会長は「クエスターの中国市場投入で、部品の現地調達を含めたUDトラックスの一括生産体制をタイと中国で確立した」と述べた。

東沃汽車は、UDトラックスと東風汽車が1996年に設立した合弁会社東風日産ディーゼル汽車が前身。合弁会社は当時、商用車製造としては中国政府が初めて認可した合弁会社だった。今年11月、東風日産ディーゼル汽車は社名を東沃汽車に変更した。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品