フェラーリの頂点、初の市販ハイブリッドのラ・フェラーリ…499台が完売

モータースポーツ/エンタメ 出版物

イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリが2013年3月、ジュネーブモーターショー13で発表した『ラ・フェラーリ』。その生産台数の限定499台が、全て完売したことが分かった。

これは12月4日、米国の『NBCニュース』の電子版が伝えたもの。同メディアのインタビューに対して、フェラーリ北米法人のマルコ・マッティアッチ社長兼CEOは、「ラ・フェラーリは499台を生産する計画で、そのうち米国向けは120台だ。499台の全てが完売した」と語ったという。

ラ・フェラーリは、フェラーリ初の市販ハイブリッド車。『F12ベルリネッタ』用の6262cc V型12気筒ガソリンエンジンは、最大出力が800psまで引き上げられ、9250rpmという高回転まで回る。これにフェラーリのハイブリッドシステム、「HY-KERS」から、モーターの最大出力163psが加わる。システム全体で963psという圧倒的パワーを引き出す。

最新のHY-KERS は2モーター方式で、ミッドシップにV型12気筒エンジンをレイアウトし、7速デュアルクラッチ・トランスミッションと1個目のモーターを一体設計。さらに、2個目のモーターは、エンジンの前方にレイアウト。2つのモーターは、バッテリー(二次電池)と接続される。そして減速時には、モーターがジェネレーターの役割を果たし、発生した電力をバッテリーに蓄えるというシステム。

このHY-KERSが、排出ガスを低減すると同時に、パフォーマンスを向上。フェラーリによると、ラ・フェラーリは『エンツォ』比で 0-200km/h 加速タイムを約1割短縮。排出ガス性能はおよそ40%も低減させているという。0‐100km/h加速は3秒以下、最高速は350km/hオーバーの実力。

ラ・フェラーリの価格は、1台およそ100万ユーロ(約1億4000万円)。その全てが完売したことで、フェラーリが狙う希少性が保たれることになる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

    【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

  2. 女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

    女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

  3. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、5号車ストップの原因はターボ吸気ダクトの不具合

    【ルマン24時間 2016】トヨタ、5号車ストップの原因はターボ吸気ダクトの不具合

  4. 超絶テク披露の試乗女子「実はドリフト走行、初めてです」

  5. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、逸勝トラブルの真因究明中…今季WEC王座戦線のカギは信頼性か

  6. NASCARやUSキャンパーの雰囲気で、塊肉を喰らう! 東京にアメリカ都市型BBQ

  7. 【鈴鹿8耐】Amazon、初のイベントブース出展…特集ページもオープン

  8. ポルシェのルマン総集映像、トヨタに敬意[動画]

  9. 【石和温泉郷クラシックカーフェス16】ライフルラック付! のホンダハンターカブ

  10. フェラーリ博物館、新展示を開始…テーマは「フェラーリ永遠に」

アクセスランキングをもっと見る