米ランボルギーニ・ディーラー、仮想通貨「ビットコイン」でEVを販売

自動車 テクノロジー ネット

インターネット上の仮想通貨、「ビットコイン」。このビットコインを使って、実際に米国で自動車(しかもEV)が販売され、話題となっている。

これは12月4日、米国カリフォルニア州に本拠を置くランボルギーニの販売店、ランボルギーニ・ニューポートビーチが明らかにしたもの。同社は、「顧客がビットコインを支払いに使い、テスラ『モデルS』を購入した」と発表している。

ビットコインは、次世代の仮想通貨。日本では、実際の決済に利用できるケースは少ないが、米国では商品購入などの代金支払いに、ビットコインが使える店舗が増加中。

ランボルギーニ・ニューポートビーチも最近、ビットコインが使えるようになった店のひとつ。今回販売したテスラモデルSが、同社にとって、ビットコイン決済の第一号車になったという。

ビットコインは為替相場のように、日々変動するのが特徴。ランボルギーニ・ニューポートビーチは、「今後も新車購入代金のビットコインによる支払いを受け付ける。我々は新たなドアを開いたことに興奮している」とコメントした。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 日本発のオリジナルオーディオブランド「ミューディメンション」を聴く

    日本発のオリジナルオーディオブランド「ミューディメンション」を聴く

  2. アルパイン、大画面ナビ「ビッグX」が世界最大となる11型液晶を搭載…アロマも装備

    アルパイン、大画面ナビ「ビッグX」が世界最大となる11型液晶を搭載…アロマも装備

  3. 【官能カーオーディオ!】「イコライザー」で“音”の雰囲気が一変!…“予算0円”のチューニング術

    【官能カーオーディオ!】「イコライザー」で“音”の雰囲気が一変!…“予算0円”のチューニング術

  4. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  5. 始まって以来の“大変革”…新型 カロッツェリア サイバーナビ 発表

  6. ナビタイム、トラック専用カーナビアプリの規制情報考慮範囲を全国に拡大

  7. ユピテル、500万画素CMOS搭載の高性能ドライブレコーダーを発売

  8. ユピテル、衝突警報システム「マエミテ」を発売…レーザーで車間距離を測定

  9. ダイハツ ムーヴに「楽ナビ」取付けてみた…思わぬ所に落とし穴も?

  10. 【インタビュー】コネクテッドカーのための人工知能とは?… ニュアンス、車載事業部マーケーティング・マネージャーに聞いた

アクセスランキングをもっと見る