人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

米ランボルギーニ・ディーラー、仮想通貨「ビットコイン」でEVを販売

自動車 テクノロジー ネット

インターネット上の仮想通貨、「ビットコイン」。このビットコインを使って、実際に米国で自動車(しかもEV)が販売され、話題となっている。

これは12月4日、米国カリフォルニア州に本拠を置くランボルギーニの販売店、ランボルギーニ・ニューポートビーチが明らかにしたもの。同社は、「顧客がビットコインを支払いに使い、テスラ『モデルS』を購入した」と発表している。

ビットコインは、次世代の仮想通貨。日本では、実際の決済に利用できるケースは少ないが、米国では商品購入などの代金支払いに、ビットコインが使える店舗が増加中。

ランボルギーニ・ニューポートビーチも最近、ビットコインが使えるようになった店のひとつ。今回販売したテスラモデルSが、同社にとって、ビットコイン決済の第一号車になったという。

ビットコインは為替相場のように、日々変動するのが特徴。ランボルギーニ・ニューポートビーチは、「今後も新車購入代金のビットコインによる支払いを受け付ける。我々は新たなドアを開いたことに興奮している」とコメントした。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 「カロッツェリア・サイバーナビは音が良い」というウワサの真偽を徹底検証! Part.2「サウンドチューニング能力のポテンシャル」に迫る!

    「カロッツェリア・サイバーナビは音が良い」というウワサの真偽を徹底検証! Part.2「サウンドチューニング能力のポテンシャル」に迫る!

  2. ETC2.0対応車載器、出荷台数4か月連続プラス 7月

    ETC2.0対応車載器、出荷台数4か月連続プラス 7月

  3. 【NHTSA】日産 パスファインダー の2017年型、最高の5つ星評価

    【NHTSA】日産 パスファインダー の2017年型、最高の5つ星評価

  4. ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

  5. デンソーが講演会…開発中の自動運転センシング技術など紹介 10月15日

  6. ビーコンとスマホを使って登山者の安全を見守る…実証実験

  7. 営業車の運行効率化と事故削減…NTTコミュニケーションズのIoT

  8. ダイハツ、スマートアシスト搭載車が100万台…3年7か月で達成

  9. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  10. 【カーオーディオ】「ケーブル」にまつわる素朴な疑問を解消…パート3「パワーケーブル」

アクセスランキングをもっと見る