IHI、油分を大量に含む藻の安定培養に成功…航空機向け次世代バイオ燃料

航空 企業動向

IHIは、航空機向け次世代バイオ燃料として実用化を目指している油分を大量に含む藻を屋外で安定培養することに成功したと発表した。

今回の培養は、IHI横浜事業所(神奈川県横浜市)内に設置した屋外培養試験プラントで実施したもので、100平方m規模で培養試験を行っていた。

培養試験で利用した藻は、神戸大学榎本平教授が顧問を務めるジーン・アンド・ジーンテクノロジーが発見した高速増殖型ボツリオコッカス(榎本藻)をベースに、ネオ・モルガン研究所が様々な改良を加えたもので、IHIが保有するプラント技術で屋外での大量培養に成功した。

今回の取組みは、屋外の開放型の池で増殖に必要なエネルギー源として太陽光のみを利用し、他の藻類や雑菌などに負けない培養方法を開発した。このため、藻を高濃度で安定的に増殖させることができるのが特徴。

IHIでは次のステップとして、量産を見据え数千平方m規模での培養を実現するための場所選定と、コスト低減に向けたプロセス改良を進めていく方針。

一方、藻の培養で生産する油に「MOBURA」という名称を付けた。これは日本発の産業として力強く歩んでいけるように、という思いを込めて付けた名前としている。

今後、ジェット燃料向けを中心に、MOBURAを利用して燃料以外の様々な用途開発に関する共同研究も本格化する。共同研究は、広くオープンイノベーションの形式で推進し、MOBURAを利用した幅広い産業創生を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

    オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  2. アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

    アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

  3. ホンダジェット、欧州航空安全局の型式証明を取得

    ホンダジェット、欧州航空安全局の型式証明を取得

  4. ボーイング、ベトジェットエアから「737MAX200」100機を正式受注

  5. 関西国際空港、航空機発着回数や航空旅客人数が過去最高…4月

  6. JALの熊本支援プロジェクト、第1弾は「阿蘇の牛乳」で

  7. MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

  8. ボーイング、777X型機複合材主翼の製造施設を開設

  9. MRJ、エンジン空中停止や片エンジンなどの飛行試験を実施…三菱航空機

  10. MRJ、日本海上空や随伴機なしで飛行試験

アクセスランキングをもっと見る