「ヨーロッパ鉄道時刻表」来年2月復活へ…トーマスクックの元編集者が新会社

鉄道 企業動向

ヨーロッパ鉄道時刻表を来年復刊させる予定の「ヨーロピアン・レールウェイ・タイムテーブル」社のサイト
  • ヨーロッパ鉄道時刻表を来年復刊させる予定の「ヨーロピアン・レールウェイ・タイムテーブル」社のサイト
8月で休刊となった欧州の鉄道時刻表「トーマスクック・ヨーロッパ時刻表」が2014年2月、元編集者の立ち上げた新会社により事実上の「復活」を遂げる見込みとなった。鉄道業界誌インターナショナル・レールウェイ・ジャーナル(オンライン版)が報じた。

英トーマスクック社の欧州鉄道時刻表は1873年に創刊。その後140年間、世界各国の旅行者や関係者に親しまれてきたが、同社の出版事業撤退により8月で休刊となった。

休刊後、元編集者のジョン・ポッター氏らが復刊を目指し、「ヨーロピアン・レール・タイムテーブル(European Rail Timetable Limited)」社を設立。同社がトーマスクック社から時刻表を出版する権利を譲り受け、2014年2月から欧州鉄道時刻表を発売することとなった。

同社はすでにウェブサイトを立ち上げており、同サイトには2014年初頭に第1号を出版する予定とのメッセージが書かれている。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR東日本のお座敷電車「ニューなのはな」、8月で引退へ…181系の「残党」減る

    JR東日本のお座敷電車「ニューなのはな」、8月で引退へ…181系の「残党」減る

  2. JR東日本、千葉新駅舎を11月オープン…線路上空の3階に移転

    JR東日本、千葉新駅舎を11月オープン…線路上空の3階に移転

  3. 東武鉄道、竹ノ塚駅前後の下り急行線を5月に高架化…踏切事故から11年

    東武鉄道、竹ノ塚駅前後の下り急行線を5月に高架化…踏切事故から11年

  4. JR東日本、国鉄色気動車に取り付けるヘッドマークのデザイン募集

  5. JR東日本、415系ステンレス車の引退記念列車を運転…6月25日

  6. JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から

  7. 川崎重工、都営大江戸線向け鉄道車両を88両受注…2018年度から納入

  8. 阿武隈急行の旧国鉄電車、5月28日にラストラン

  9. JR西日本、225系「アップデート」車両を公開…阪和線などに投入

  10. 西武鉄道、新宿線中井駅の改札を地下に移動…バリアフリー化で国の基準を達成

アクセスランキングをもっと見る