【ダイハツ タント 新型発売】広さ、質感、親しみやすさがインテリアのテーマ

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツ・タント
  • ダイハツ・タント
  • ダイハツ・タント
  • ダイハツ・タント
  • ダイハツ・タントカスタム
  • ダイハツ・タントカスタム
  • ダイハツ・タント
ダイハツから発売された、新型『タント』のインテリアは、広さ、質感、親しみやすさを重点にデザインされたという。

具体的には、「インパネの上面をなるべく広く平らな面にすることによって、見晴らしの良さや解放感を出した」とは、ダイハツ工業デザイン部主査の岩村卓さんの弁。操作系は、センタークラスターに集中させることで、なるべくシンプルな見せ方とした。

また、タントは歴代、センターメーターを採用しており、新型のセンターメーターも、弧を描くような長い線を使ってレイアウトされ、広さ感を演出したと述べる。

さらに、(標準車のタントは)上下にツートンカラーを採用することによって、見た目の軽さも表現したとも話す。

タントカスタムのインテリアは、「ダーク系できりっとさせた」と岩村さん。「標準車が明るい感じなのに対し、カスタムは濃い色にすることで落ち着きを表現した」。さらにシルバーの加飾を入れることで、「(全体の)引き締めを狙い、横方向にも伸ばすことで、広がりや、広さ感も表現した」と語った。
《内田俊一》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品