【ダイハツ タント 新型発売】運転しやすさ重視した水平基調

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツ・タント
  • ダイハツ・タント
  • ダイハツ・タント
  • ダイハツ・タントカスタム
  • ダイハツ・タント
  • ダイハツ・タント
  • ダイハツ・タント
フルモデルチェンジしたダイハツ『タント』は、水平基調のデザインを採用している。

ダイハツ工業デザイン部主査の岩村卓さんは、運転のしやすさを考慮した結果、水平基調を採用したと話す。

少しでもクルマの動きを表現するためには、サイドのベルトライン(サイドウインドウの下)を後ろに行くほど上昇させ、ウェッジシェイプにすることが常套手段だ。

しかし岩村さんは、「家族で乗ることや、女性ドライバーも多いので、ベルトラインを斜めにすると、運転しにくかったり、バックの時など気になってしまう」とデメリットを考慮。

普段の運転のしやすさを第1に考えた結果、水平基調となった。「軽自動車なので毎日使ってもらうクルマだ。小さな子供を抱えたお母さんが中心になるので、ストレスなく運転してもらいたい」と想いを語った。
《内田俊一》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品