BMWをベースにしたコンプリートカーを手がけるアルピナは9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー13において、新型『D3 Bi Turbo』を初公開した。

アルピナ社は1961年に創業。BMWのチューニングを行う小さな会社だったが、1964年にはその実力がBMW本社に認められ、BMW公認チューナーに。そして、1983年には、ドイツ政府から自動車メーカーとしての認証も受けた。アルピナの新車には、BMWのメーカー保証が適用される。

そんなアルピナが、新型BMW『3シリーズ』をベースに開発したのがD3 Bi Turbo 。すでにガソリンエンジンの高性能グレード、『B3 Bi Turbo』を用意するアルピナだが、このD3 Bi Turboは、ディーゼルエンジンを搭載するのが特徴。

直噴3.0リットル直列6気筒ターボディーゼルエンジンは、アルピナが独自にチューニング。チューニングの内容は、車名の由来となった専用ツインターボをはじめ、吸排気系の高効率化など様々。その結果、最大出力350ps/4000rpm、最大トルク71.4kgm/1500-3000rpmを獲得する。

トランスミッションはZFと共同開発した8速AT、「スイッチトロニック」。新型D3 Bi Turboは、0‐100km/h加速4.6秒、最高速278km/h。0‐100km/h加速4.6秒は、BMW『M3』と同タイム。さらに、4WD車も設定され、0‐100km/h加速はM3を凌ぐ4.5秒の実力だ。

足回りは、サスペンションやブレーキを強化。内外装もアルピナの独自テイストに仕上げられており、19インチのスポークデザインのアルミホイールや、専用エアロパーツなどが装着される。
《森脇稔》