【ホンダ アコード 新型発表】HVモデルは30.0km/L、PHVモデルは70.4km/Lの低燃費

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダは、「スポーツ ハイブリッド i-MMD」を搭載し、上質な走りと、30.0km/リットル(JC08モード)という低燃費を実現した新型『アコード ハイブリッド』を、6月21日に発売する。

また、アコード ハイブリッドをベースに、家庭用電源からの充電を可能にした新型『アコード プラグイン ハイブリッド』は、日常走行のほとんどをEV走行できるプラグインハイブリッドシステムを搭載し、70.4km/リットル(JC08モード)という低燃費を実現。法人企業や官公庁などを中心に、6月21日からリース販売を開始する。

新型アコード ハイブリッドは、ホンダ独自のハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッド i-MMD」を搭載。発進と低中速域のクルーズは主にモーターのみで走行し、加速時などはエンジンで発電しモーターで走行、高速クルーズは主にエンジンで走行するなど、EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブの3つのモードを自動的に切り替えて走行することで、軽自動車トップクラス並みの30.0km/リットル(JC08モード)という低燃費を実現。また、発進の瞬間から最大トルクを発生させるモーターで走行することで、滑らかで力強い加速性能を発揮。優れた快適性と静粛性を実現している。

新型アコード プラグイン ハイブリッドは、高出力・高トルク走行用モーターを搭載したスポーツ ハイブリッド i-MMDの特性を活かし、大容量のリチウムイオンバッテリーと組み合わせた新開発のプラグインハイブリッドシステムを搭載。満充電で日常走行の多くをカバーできるEV走行距離37.6kmを達成した。また、EV走行可能距離がゼロになった後も、ハイブリッドモデル同様の高効率走行が可能で、複合燃費は70.4km/リットル(JC08モード)という低燃費を実現した。

価格はアコード ハイブリッドが365万円から390万円。同プラグイン ハイブリッドが500万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 生産終了のホンダ CR-Z、2リットルターボ搭載で復活か!?

    生産終了のホンダ CR-Z、2リットルターボ搭載で復活か!?

  2. 【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

    【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ

  3. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型に「アイコン」…赤いアクセント

    【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型に「アイコン」…赤いアクセント

  4. ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

  5. 【グッドウッド16】ポルシェ パナメーラ 次期型、ほぼ擬装なしでヒルクライム

  6. スバル、レヴォーグの最上級グレード STIスポーツ発売…代官山T-SITEで特別展示

  7. BMW 4シリーズグランクーペ に改良新型、最新の“ビーエム顔”に

  8. シトロエン C3 新型、間もなく初公開へ

  9. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  10. トヨタ、C-HR 欧州仕様車のインテリアデザインを公開

アクセスランキングをもっと見る